*

スパークリング日本酒を楽しもう!(2)

公開日: : 最終更新日:2014/10/29 お酒, 日本酒

・すず音

人気のスパークリング日本酒であり、居酒屋でもよく見かけるようになりました。口の中で炭酸ガスがはじけますが、これは瓶内発酵によって生まれた炭酸ガスです。少量の飲みきりサイズで売られており、炭酸を逃さないおいしいうちに飲みきることができます。ふだんお酒を飲まない人にも喜ばれる、飲みやすくて優しいスパークリング日本酒です。

ちなみに、筆者が居酒屋ですず音を注文した時、店員が「つくね」と聞き間違えて焼き鳥のつくねを出してきたことがありました。聞き間違いをふせぐ工夫をして注文するようにしましょう。

 

・たまゆら

グラスにそいだ時にかすかに玉のような泡がゆらゆらと昇って来ることからこのネーミングとなりました。甘酸っぱくすっきりとした味わいで、そこに少し炭酸ガスによる刺激があることで心地よい味わいを楽しむことができます。

 

・ねね

フルーティな甘酸っぱさとなめらかな口当たりが特徴的なスパークリング日本酒です。喉越しはシャンパンにも似ており、冷やして飲めば絶品です。


sponsored link

関連記事

no image

新しい日本酒の飲み方・サケボム

海外の若者たちの間では日本酒の新しい飲み方として「サケボム」と言うものが流行りつつあります。起源は韓

記事を読む

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(2)

○グラスを変える 普段はお猪口で飲んでいる日本酒も、グラスを変えて飲むことでまた違った味わいに

記事を読む

no image

BYOという飲み方

お酒の飲み方の一つにBYOと言うものがあります。これはBring Youe Ownの略であり、あなた

記事を読む

no image

鹿児島人と芋焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(2)

幕藩体制の際には、夏場は耕作をして冬は休耕となるため何らかの内職を行って生活していましたが、その貧し

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(2)

・汗をかこう 汗をかくと言う方法は有効な方法です。汗をかくと体の代謝が高まるため、二日酔いの原

記事を読む

Unknown

赤ワインの染み抜き

赤ワインを飲む際は、衣類にこぼしたりしないように注意を払って 飲まなければいけないと思います。

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑