*

スパークリング日本酒を楽しもう!(2)

公開日: : 最終更新日:2014/10/29 お酒, 日本酒

・すず音

人気のスパークリング日本酒であり、居酒屋でもよく見かけるようになりました。口の中で炭酸ガスがはじけますが、これは瓶内発酵によって生まれた炭酸ガスです。少量の飲みきりサイズで売られており、炭酸を逃さないおいしいうちに飲みきることができます。ふだんお酒を飲まない人にも喜ばれる、飲みやすくて優しいスパークリング日本酒です。

ちなみに、筆者が居酒屋ですず音を注文した時、店員が「つくね」と聞き間違えて焼き鳥のつくねを出してきたことがありました。聞き間違いをふせぐ工夫をして注文するようにしましょう。

 

・たまゆら

グラスにそいだ時にかすかに玉のような泡がゆらゆらと昇って来ることからこのネーミングとなりました。甘酸っぱくすっきりとした味わいで、そこに少し炭酸ガスによる刺激があることで心地よい味わいを楽しむことができます。

 

・ねね

フルーティな甘酸っぱさとなめらかな口当たりが特徴的なスパークリング日本酒です。喉越しはシャンパンにも似ており、冷やして飲めば絶品です。


sponsored link

関連記事

no image

芋焼酎に使われる麹

芋焼酎の銘柄を見ると、黒霧島、黒伊佐錦等と言う風に、黒と名のついたものが非常に多くあります。これは、

記事を読む

no image

梅酒の保存について

梅酒をおいしく保存するためにはいくつかのポイントがあります。   まず重要なの

記事を読む

no image

鹿児島人と芋焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(2)

さて、酒吞童子退治に向かった一向が出発して間もなく、一行の前に小屋が現れました。小屋には3人のお爺さ

記事を読む

no image

ギネスビールの魅力

厳しい暑さが続く今日この頃、ビールがおいしい季節となりました。ビールといえば国内産のビールを飲むと言

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(1)

日本人の思想の発露の一形態として、筆者は妖怪と言うものに大変な興味を抱いています。お酒のコラムを書く

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(1)

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言います

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(1)

夏バテに効く梅酒は夏こそ飲みたいお酒です。ここでは、梅酒の楽しみを何倍にも広げる、梅酒カクテルの作り

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(5)

頼光の豪快な飲みっぷりと食いっぷりに感心した酒吞童子は 「どうだ、おいしいだろう」 と言

記事を読む

  • 2019年2月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑