*

飲みニケーションのすすめ(2)

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

最近の若者はお酒をあまり飲まなくなってしまったというイメージがあります。仕事の後に飲み会に誘っても「残業代はでますか?」などと聞いてくる大たわけもいるほどです。強制的に参加させるとふてくされてしぶしぶ飲んでいる若者が多いことも事実です。このため、上司も部下を飲みに誘うことに及び腰になってしまい、どうせ誘ってもついてこないだろう、迷惑だろうと考えてしまうようになりました。

しかし、これはお酒が好きな若者と嫌いな若者が両極端に分かれてしまったという見方が妥当だと思います。飲み会が大嫌いな若者が増えている一方で、飲み会に誘われれば喜んでついていき、飲み会の場でのコミュニケーションをありがたく思う若者も増えているのです。上司は部下の中からこの種類の人間を見極めて、飲みニケーションの場を求める若者に対してはどんどんその場を提供してあげるとよいでしょう。

そのなかで人間的結びつきが生まれ、仕事の上でもいろいろな効果が出てくることでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

お酒を健康に役立てる(3)薬酒の歴史

薬酒は世界中に様々なものがありますが、中でも有名なのは生薬・漢方の本場である中国のものでしょう。中国

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーでの飲み方~

バーで飲む時にはマナーがあります。それはバーの雰囲気に合わせるということでしょう。例えばワイワイ騒ぎ

記事を読む

no image

日本酒の種類について

今日は日本酒の種類について書いて行きたいと思います。 日本酒と一言で言っても、大吟醸や特別純米

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

no image

千鳥足の語源

ひどく酔っぱらうとまっすぐ歩くことが困難になり、ふらふらしながら歩くことになります。このことを「千鳥

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

kasisu

女性に人気のフルールビール(2)

○ブーン・クリーク これはサクランボを漬け込んで作られたフルーツビールです。さわやかな酸味と上

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

NP5Zy3FxwzDu5E7Nahv4dwfi32OKaH5LaCLU9dDVo9gOe9JQYZKuqrRf_ZRiEDW0IHcRsvVC6mC0vaTEMPP6IqoSBiH7y3fu4UyzkWO8x25TGRvwEl0_6ZcmuugSmQ--

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編1)

私は大阪に住んでるんですが、良く行くオススメのバーや居酒屋を紹介していこうと思います。 本日第

記事を読む

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑