*

飲みニケーションのすすめ(1)

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組み合わせて作った造語であり、仕事が終わってから同僚や先輩・後輩とお酒を飲み、職場内での人間関係を円滑にするためのものでした。

しかしバブル期以降、安易な欧米的個人主義に染まった日本人は飲みケーションを次第に否定するようになり、さらにはこれまた欧米的な成果主義の流入によって同僚は仲間ではなくライバルとなりました。飲みニケーションが減少すると、職場での人間関係は希薄になり、さびしいものになりました。

こうして飲みニケーションは減少して言ったのですが、最近では見直されつつあります。社内での飲み会に補助金を出す企業もあるほどです。かつてはビジネスマンにとっては酒の席での付き合いは必須とも言えるもので、飲みにケーションによって作られる人間関係は日本企業の強みでもあったのです。それが次第に見直され、最近また少しずつ、飲みニケーションという言葉もちらほらと聞かれるようになってきました。


sponsored link

関連記事

20070725115958_img1_29

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(1)

酒屋のビールコーナーに行くと、ビール・発泡酒・第3のビールがおいてあります。ビールはもちろんビールそ

記事を読む

1syoumasu-hinoki

升酒の正しい飲み方

最近では升酒でお酒を飲むことはほとんどなくなりましたが、今でも何かの祝いの際には升酒を飲む習慣があり

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

aeygt

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(3)

○第3のビール 第3のビールは、新ジャンルという呼び方でも呼ばれます。これは麦芽の使用率が25

記事を読む

Unknown

お酒の種類

これまで、ビールやワイン、日本酒や焼酎など色々と記載してきましたが、 改めて、「お酒の種類」に関し

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

no image

ビールとワインが豊富なオーストラリア

オーストラリアで一番飲まれているお酒はビールです。種類が非常に多く、各州ごとに地ビールをもっており、

記事を読む

no image

ジンの効用

筆者が大好きなお酒の一つジンにも、多くの効用があります。 なにせ、ジンというお酒はもともと薬と

記事を読む

no image

新しい日本酒の飲み方・サケボム

海外の若者たちの間では日本酒の新しい飲み方として「サケボム」と言うものが流行りつつあります。起源は韓

記事を読む

cae43c10

生き物を漬け込んだお酒(2)

・スズメバチ酒   スズメバチ酒も作ったことがあります。知り合いの奉職する神社

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑