*

飲みニケーションのすすめ(1)

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組み合わせて作った造語であり、仕事が終わってから同僚や先輩・後輩とお酒を飲み、職場内での人間関係を円滑にするためのものでした。

しかしバブル期以降、安易な欧米的個人主義に染まった日本人は飲みケーションを次第に否定するようになり、さらにはこれまた欧米的な成果主義の流入によって同僚は仲間ではなくライバルとなりました。飲みニケーションが減少すると、職場での人間関係は希薄になり、さびしいものになりました。

こうして飲みニケーションは減少して言ったのですが、最近では見直されつつあります。社内での飲み会に補助金を出す企業もあるほどです。かつてはビジネスマンにとっては酒の席での付き合いは必須とも言えるもので、飲みにケーションによって作られる人間関係は日本企業の強みでもあったのです。それが次第に見直され、最近また少しずつ、飲みニケーションという言葉もちらほらと聞かれるようになってきました。


sponsored link

関連記事

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(1)

その昔、酒吞童子という妖怪がいました。鬼の統領であることから、妖怪といってもかなり凶悪な部類の奴で、

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

fantasutic

日本酒のカクテル(2)

○撫子 日本酒を甘酸っぱく味付けしたカクテルです。日本酒が苦手な人や女性でも飲みやすいカクテル

記事を読む

no image

寝酒でぐっすり寝られるか

不眠で悩んでいる人の中には、ぐっすりと眠るために、寝る前にお酒を飲んでから練ると言う人がいます。いわ

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(2)

幕藩体制の際には、夏場は耕作をして冬は休耕となるため何らかの内職を行って生活していましたが、その貧し

記事を読む

no image

焼酎の効用

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。 しか

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

no image

夏に飲みたい日本酒ロック(2)

日本酒ロックの基本的な飲み方は氷を入れたグラスに日本酒を注ぐと言うものですが、日本酒ロックの飲み方は

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(3)

・台湾・・・五香黒胡椒毛豆 台湾と言えば立ち並ぶ屋台が印象的です。台湾のビールはアルコール度数

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑