*

飲みニケーションのすすめ(1)

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組み合わせて作った造語であり、仕事が終わってから同僚や先輩・後輩とお酒を飲み、職場内での人間関係を円滑にするためのものでした。

しかしバブル期以降、安易な欧米的個人主義に染まった日本人は飲みケーションを次第に否定するようになり、さらにはこれまた欧米的な成果主義の流入によって同僚は仲間ではなくライバルとなりました。飲みニケーションが減少すると、職場での人間関係は希薄になり、さびしいものになりました。

こうして飲みニケーションは減少して言ったのですが、最近では見直されつつあります。社内での飲み会に補助金を出す企業もあるほどです。かつてはビジネスマンにとっては酒の席での付き合いは必須とも言えるもので、飲みにケーションによって作られる人間関係は日本企業の強みでもあったのです。それが次第に見直され、最近また少しずつ、飲みニケーションという言葉もちらほらと聞かれるようになってきました。


sponsored link

関連記事

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

aeygt

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(3)

○第3のビール 第3のビールは、新ジャンルという呼び方でも呼ばれます。これは麦芽の使用率が25

記事を読む

no image

血糖値にもいい芋焼酎

糖質を含んだお酒は血糖値が上がる作用があるため、血糖値が高い人は飲むことはできません。しかし蒸留酒は

記事を読む

no image

休日の昼から飲むならこのお酒

贅沢な休日の過ごし方の一つに、昼からお酒を飲むと言うものがあります。とくにいい天気の日にウッドデッキ

記事を読む

no image

ビールの効用(1)

酒は百薬の長と言われますが、ビールも例外ではありません。適度に飲むビールは様々な効果をもたらしてくれ

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(3)

4、酵母 続いては酵母について書いている個所を見てみましょう。ここには仕込につかわれた酵母の種

記事を読む

no image

日本人と酒 10

当時はこのように非常に貴重なものでした。醸造が困難なものであったのです。「さけ」という名称も酒の持つ

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(2)

日本酒を適切に保存するためには、光を当てないことのほかに温度管理も大切です。基本的な保存温度は常温以

記事を読む

no image

北海道の日本酒(1)

日本酒と言えば新潟を筆頭に東北が有名です。北海道の日本酒はほとんど知られていませんが、北海道もおいし

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑