*

ビアカクテル(2)

公開日: : 最終更新日:2014/10/27 お酒, カクテル, ビール

・シャンディガフ

筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みやすいように、ビールにジンジャーエールを加えて作ります。ビールの苦みが抑えられてすっきりとした味わいになっています。

 

・パナシェ

パナシェはフランス語で「混ぜ合わせた」という意味ですが、ビールとレモネードを混ぜることによって作られます。レモンの酸味が爽やかさを演出し、ビールのうまみを引き立ててくれます。

 

・ビア・スプリッツァー

白ワインとビールを混ぜて作るビアカクテルです。ワインにビールと聞くと眉をひそめる人もいるかもしれませんが、ワインの酸味とビールの苦みは非常によく合います。アルコール度数が高めになってしまうのですが、食事にもよく合うカクテルです。

 

家でも作れるもの代表的なビアカクテルばかりを紹介してきました。ビアカクテル入門として、まずは以上の5種類から試してみるとよいでしょう。ビールの新しい一面を知ることができると思います。


sponsored link

関連記事

no image

梅酒を使ったカクテル(2)

・梅酒ジンジャー ホットでもアイスでも楽しめます。アイスならば氷にジンジャーエールと梅酒を注ぎ

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(1)

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」 こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらい

記事を読む

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

no image

焼酎の効用

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。 しか

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(3)

・ズブロッカ ズブロッカは日本でも売られており、愛好する日本人も多いため知っている人も多いこと

記事を読む

no image

ブランデーの正しい飲み方

ブランデーの飲み方として正しいものは、口がすぼまった、底が広い形をしたバルーングラスに注ぎ、底を手の

記事を読む

no image

タスト・ド・パンとは

ソムリエの格好を見ると、首から灰皿のような容器をぶら下げているのを見たことがあるかと思います。この容

記事を読む

no image

ワインのカクテル(1)

カクテルにはいろいろなものがありますが、ワインを使ったカクテルをどれくらい知っているでしょうか。ワイ

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(4)

6、酸度 これは、日本酒に含まれる酸の総量を示します。日本酒にはコハク酸、リンゴ酸、乳酸などの

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑