*

お酒に関する資格(2)

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

・ビアテイスター

ワインにはワインソムリエと言う資格がありますが、ビールにもソムリエの資格があります。それはビアテイスターと呼ばれる資格であり、ビールに関する知識を持っていること、ビールの選び方やおいしい飲み方などに関するアドバイスができるビールのプロであることの証明となるものです。

 

・利き酒師

これは、日本酒好きのための資格です。日本酒のソムリエとも言える資格であり、日本酒の味わいや選び方のアドバイスができ、味や香りをわかりやすく伝える知識を持ち合わせている必要があります。

一次試験は筆記試験、二次試験はテイスティングと口頭試験です。日本酒の知識を十分に身につけることができるでしょう。

 

・焼酎アドバイザー

これは焼酎のプロとして認められる資格です。最近は若い人からも人気が出ている資格です。焼酎の楽しみ方、味わい方、産地、製造方法等に関する焼酎の様々な知識をマスタ^することができます。これも利き酒師と同じく、一次試験が筆記試験、二次試験がテイスティングと口頭試験となっています。


sponsored link

関連記事

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

img_1569997_39946597_3

高アルコールビールって知ってる?(2)

・ドゥ・ストライセ・ブラック・アルバート:13.0% これはベルギーのスタウトです。ベルギー王

記事を読む

no image

カナダのお酒

カナダにはワインの産地があります。かの有名なナイアガラの滝の北東に位置するオンタリオ州であり、カナダ

記事を読む

no image

日本人と酒 14

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、そ

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(3)

女は、酒吞童子の恐ろしさをかたりました。酒吞童子は女をさらうと斬り裂き、生き血を飲んだり、食べたりし

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

Unknown-1

赤ワインの健康効果

最近はそれほど騒がれてはいませんが、一昔前は赤ワインを飲むと 健康になるといった、ブームがありまし

記事を読む

no image

ビール腹の真実(1)

さて、ビールがおいしい時期になってきましたね。喉の渇きを我慢して我慢して、家に帰って冷蔵庫に欠けより

記事を読む

no image

ビールができるまで(2)

アミラーゼが十分につくられたら、次は焙燥(ばいそう)という工程に入ります。簡単にいえば乾燥させる作業

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑