*

お酒に関する資格(1)

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

お酒を愛してやまない皆様の中には、自他共に認めるお酒愛好家になるためにも、お酒の資格はないのだろうかと考えている人もいるかもしれません。世の中には、お酒に関する資格もちゃんとあります。お酒好きならばぜひ挑戦したいそれらの資格を紹介していきましょう。

 

・ワインエキスパート

ワインエキスパートはワインに関する知識を深く、的確に持っていることを証明する資格であり、社団法人日本ソムリエ協会が発行する資格です。この資格を取るためには職業や経歴は問われることがなく、20歳以上であり、ワインが好きであれば誰でも受験が可能です。

ちなみにソムリエの資格とはどう違うのかと言うと、ソムリエの資格も日本ソムリエ協会が認定するものですが、これは飲食店に勤めている人しか受験できないと言う縛りがあるのです。飲食店に勤めていないもののワインが大好きであり、ソムリエの資格は取れないけれどもソムリエに負けない知識を持っているのだということを証明したい人にぴったりの資格と言えます。


sponsored link

関連記事

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

no image

甘酒はなぜ甘いか

甘酒はとても甘いお酒です。最近の甘酒にはアルコールがなく砂糖を加えて作っているものもありますが、本来

記事を読む

no image

メキシコ流のテキーラの飲み方

  テキーラはショットグラスでストレートで飲むイメージを持っている人もいることでしょ

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

鹿児島人と芋焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(6)

酒吞童子は頼光たちが吃驚していることも知らずに話を続けます。 「わしも本当は都に住みたいと思っ

記事を読む

Unknown

日本酒に良く合うおつまみ・食事

お酒によって、おつまみを選んだり、食事を選んだりするのでこれからは 日本酒だけではなくビールや焼酎

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑