*

缶ビールのおいしい飲み方(2)

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 お酒, ビール

次に冷やし方です。おいしく飲むためにやっているはずの冷やし方が実は間違っていて、味を損なっているかもしれません。

それは、グラスを冷凍庫に入れてキンキンに冷やすと言うものです。冷凍庫に入れたグラスにビールを注いで飲むと、確かに非常に冷たくておいしい感じがするのですが、本当は味を損なってしまっています。なぜならば、ビールの飲みごろの温度は6~8度であり、冷凍庫で冷やしたりすれば味が濁っておいしさが分かりにくくなります。缶ビールとグラスは冷蔵庫でよく冷やして飲むのが最もおいしく飲む方法なのです。

したがって、冷凍庫ではなく冷蔵庫でよく冷えたビールを取り出し、それをグラスに注ぎ、乾杯とやったところで温度は大体6度前後暗いになっていることでしょう。もっとも飲みごろの温度ということです。これをぐっと飲み干すのが、本当においしいビールの飲み方なのです。

ただし、ビールの味よりもいかに冷えているかと言うことによってビールのおいしさを感じる人は、冷凍庫で冷やして飲むのもよいのかもしれません。


sponsored link

関連記事

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(3)

女は、酒吞童子の恐ろしさをかたりました。酒吞童子は女をさらうと斬り裂き、生き血を飲んだり、食べたりし

記事を読む

no image

世界で年間1.5億キロリットル飲まれるビール

最も多く飲むお酒はビールだという人は少なくないのではないでしょうか。では、実際にはビールは全世界でど

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

no image

ワインボトルの形の違い

ワインを選ぶ時に気になったことがあるかもしれません。ワインボトルの形の違いです。それぞれの形には様々

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?2

  開栓後のワインを上手に保存するためには3つの方法があります。 1、ボトルを

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(4)日本の薬酒

日本も薬酒の歴史はかなり古いものを持っています。その証拠として奈良正倉院の文書の一つには薬酒に関する

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(2)

ホットワインは、はずれの赤ワインを活用するときの方法です。作り方はとても簡単で、外れワインを一気にお

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(4)

○とろろ酒 これもしょうが酒やにんにく酒に通じるものです。山芋をすりおろしておわんに入れ、だし

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑