*

ワインとグラス(2)

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, ワイン

・まろやかで甘い白ワイン

次に白ワインですが、まろやかで甘味があり、フルーティな香りを持っている白ワインであれば、口が大きめで真ん中が太った大きめのグラスを使います。高さは低めの物を使います。

まろやかな味を十分に味わうため、口の広いグラスがよいのです。

 

・さっぱりとした辛口の白ワイン

さっぱりとした口当たりの辛口の白ワインは、口がすぼまった形をした中程度の大きさのグラスがお似合いです。このタイプのグラスは非常に汎用性が高く色々なワインに用いることができますが、すっきりとした味のワインを飲むのに最適です。

 

・スパークリングワイン

スパークリングワインやシャンパンは、炭酸が入っているため、炭酸を逃さないように細長くて口がすぼまったグラスを使います。これによって炭酸の刺激が失われません。

 

このように、グラスにこだわって飲むことでワインをよりおいしく飲むことができるのです。これからはワインそのものももちろんですが、ワイングラスの組み合わせもたのしむことをお勧めします。


sponsored link

関連記事

0005004293I4_740x555y

日本酒ランキング

2015年もめでたくあけましたが、私個人的にですが正月になると日本酒を飲む機会が多くなります。

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(1)

新年会や忘年会や新入社員の歓迎会などなど、飲み会シーズンになると二日酔いに悩まされる人は多いと思いま

記事を読む

no image

ビールをおいしく飲むコツ(1)

せっかくビールによって至福のひと時を過ごすならば、やはりできるだけおいしく飲みたいものです。そのため

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(2)

日本酒を適切に保存するためには、光を当てないことのほかに温度管理も大切です。基本的な保存温度は常温以

記事を読む

no image

ビールの効用(2)

ビールの効用として、ストレス解消効果が挙げられます。ビールに限らず、アルコール全般にはストレス解消効

記事を読む

no image

ビールとワインが豊富なオーストラリア

オーストラリアで一番飲まれているお酒はビールです。種類が非常に多く、各州ごとに地ビールをもっており、

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(10)

以前、古事記に現れている日本人とお酒と関係を述べる際、須佐之男命のヤマタノオロチ退治、倭武命のクマソ

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(2)

では具体的に、適度に飲めばどんな効果があるのでしょうか。   ・死亡率が低くな

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(2)

ホットワインは、はずれの赤ワインを活用するときの方法です。作り方はとても簡単で、外れワインを一気にお

記事を読む

  • 2022年9月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑