*

ワインとグラス

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, ワイン

ワイングラスには非常に様々な形があることは皆さんすでにご存じでしょう。では、なぜあれほど様々な形があるのかということはご存知ですか?あれは、単にデザイン性の問題で形が変わっているのではなく、注ぐワインによって使い分けるために形が分かれているのです。

 

・渋い赤ワイン

例えば、渋い赤ワインです。フルボディなどの渋くて重い味がしっかりした赤ワインを飲む時には、口の周りがややすぼまっている程度の、大きめのグラスとの相性がいいです。このグラスを使うことで豊潤な香りを堪能し、渋さを味わうことができます。

 

・酸味の強い赤ワイン

酸味が強く果実の味がよくするような赤ワインであれば、口がよくすぼまった形で、真ん中部分が太った大きなグラスがお似合いです。このグラスに注がれたワインは、酸味や香りがほどよく抑えられ、柔らかな味わいを楽しむことができます。

 

赤ワインのグラスは総じて大きめです。これは、赤ワインは本来常温で飲むものなので、飲みきる時間を気にしなくてもよいからです。


sponsored link

関連記事

no image

日本酒の色々な飲み方(4)

○とろろ酒 これもしょうが酒やにんにく酒に通じるものです。山芋をすりおろしておわんに入れ、だし

記事を読む

no image

鹿児島人と芋焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費

記事を読む

no image

泡盛について(1)

泡盛といえば沖縄のお酒です。沖縄のお酒と言うこと以外に知られていることと言えば焼酎の一種で、アルコー

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

ビールを飲むと痛風になる?1

夏真っ盛りになりましたね。夏と言えば色々なイベントが盛りだくさんですが、それらのイベントによってお酒

記事を読む

no image

赤ワインの醸造法

赤ワインと白ワインでは醸造法が多少異なるため、別個に見てみましょう。赤ワインは果皮も一緒に漬けこむた

記事を読む

no image

ビールのおいしさを保つための保存の方法

ビールをまとめ買いしておき、必要に応じて冷やして飲むという人は多いともいます。そのような場合、保存の

記事を読む

no image

ビールは世界中で愛されている

日本人もビールが大好きであり、居酒屋などに行けば「とりあえず生で」というのが合言葉のようになっている

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(2)

・ホットイタリアン これはリキュールベースのカクテルです。簡単に言うとスクリュードライバーを温

記事を読む

  • 2022年6月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑