*

ノンアルコール飲料の変化(3)

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 ノンアルコール飲料

最近では、「運転でお酒が飲めないから、代わりに仕方なくノンアルコールを飲もう」という代替品としての需要ではなく、ノンアルコール飲料を自ら好き好んで飲む人が増えてきました。これは、ノンアルコール飲料の味が向上し、種類も豊富になったことから身近でおいしい飲み物と認知されたことも大きいでしょう。

そして、最近はお酒が飲めない若年層が増えています。そのような層の人々がノンアルコール飲料を指示しているのです。このような人たちは、ノンアルコール飲料を風呂上がり、食事中、飲み会など様々なシーンで利用しています。

業界がまったく予期しなかった形で需要が増大しているのが今のノンアルコール飲料市場です。

筆者はやむなく運転のためにノンアルコールビールを飲むことがありますが、最近のものは本陽に味が良くなっていると思います。のんある気分などのノンアルコールカクテルも試したことがありますが、本物に近い味を再現していたのでびっくりしました。

 


sponsored link

関連記事

0201

ノンアルコール飲料の変化(1)

かつては飲酒運転がそれほど厳しく取り締まられていませんでした。誇張でも何でもなく、飲み会へ車でいき、

記事を読む

no image

ノンアルコール飲料の変化(2)

最近では、ノンアルコール飲料市場の盛り上がりはすさまじく、市場全体の売上高は前年比で120%の伸びを

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑