*

焼酎の甲類・乙類の違い(4)

公開日: : 最終更新日:2014/10/20 お酒, 焼酎

なかには甲乙混和焼酎と言うものもあります。これは甲類と乙類を混ぜた焼酎であり、風味や味わいに乏しい甲類焼酎に乙類焼酎を混ぜることによって香り付けした焼酎です。乙類焼酎の中でも特に香り豊かな焼酎と言えば芋焼酎であり、芋焼酎には甲乙混和焼酎が多いです。さつま祭なんかがそうですね。

もっとも、芋焼酎は乙類のはずなのに実は甲乙混和焼酎だったなどとなれば、一般の消費者からすれば分かりにくいことです。したがって、甲乙混和焼酎のラベルにはみやすい場所に「甲類乙類混和焼酎」と明記し、混和の割合を示すことが決められています。

 

異常が甲類と乙類の違いの全貌です。専門家でなければ、甲類は無味無臭でサワーなどにして飲む焼酎であり、乙類はそれそのものに味と香りが備わっており、お湯割り・水割り・ロックなどで飲むものと認識しておけば間違いありません。

そして甲類は安く、乙類は高めです。それぞれの特色を把握し、それぞれのニーズに沿って選ぶようにしましょう。


sponsored link

関連記事

no image

日本人と酒 9

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲

記事を読む

20070725115958_img1_29

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(1)

酒屋のビールコーナーに行くと、ビール・発泡酒・第3のビールがおいてあります。ビールはもちろんビールそ

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(4)

○ソル・クバーノ グレープフルーツを加えることでフルーティな味わいになります。カクテルの名前は

記事を読む

no image

ロゼ・ワインの醸造法

ロゼ・ワインは白ワインと赤ワインの中間的なワインであり、色は“ロゼ”の名の通りバラのようなピンク色を

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(1)

酒の主成分はエタノールであり、日常生活でアルコールというときにはエタノールのことを指しています。エタ

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

no image

芋焼酎はお湯割りで

芋焼酎といえば、他の焼酎に比べて香りが豊かなことが特徴です。鹿児島人からするとほとんどなじみのない飲

記事を読む

no image

ビールとワインが豊富なオーストラリア

オーストラリアで一番飲まれているお酒はビールです。種類が非常に多く、各州ごとに地ビールをもっており、

記事を読む

no image

ギネスビールを自宅でおいしく飲む方法

自宅でおいしくギネスビールを飲むためには、5つのステップがあります。   1、

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(1)ヤシ酒

お酒の原料と言えば果物か穀物だけだと思っていませんか?確かになじみ深いビール、焼酎、日本酒、ウイスキ

記事を読む

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑