*

焼酎の甲類・乙類の違い(4)

公開日: : 最終更新日:2014/10/20 お酒, 焼酎

なかには甲乙混和焼酎と言うものもあります。これは甲類と乙類を混ぜた焼酎であり、風味や味わいに乏しい甲類焼酎に乙類焼酎を混ぜることによって香り付けした焼酎です。乙類焼酎の中でも特に香り豊かな焼酎と言えば芋焼酎であり、芋焼酎には甲乙混和焼酎が多いです。さつま祭なんかがそうですね。

もっとも、芋焼酎は乙類のはずなのに実は甲乙混和焼酎だったなどとなれば、一般の消費者からすれば分かりにくいことです。したがって、甲乙混和焼酎のラベルにはみやすい場所に「甲類乙類混和焼酎」と明記し、混和の割合を示すことが決められています。

 

異常が甲類と乙類の違いの全貌です。専門家でなければ、甲類は無味無臭でサワーなどにして飲む焼酎であり、乙類はそれそのものに味と香りが備わっており、お湯割り・水割り・ロックなどで飲むものと認識しておけば間違いありません。

そして甲類は安く、乙類は高めです。それぞれの特色を把握し、それぞれのニーズに沿って選ぶようにしましょう。


sponsored link

関連記事

no image

お酒の妖怪・のた坊主(1)

日本人の思想の発露の一形態として、筆者は妖怪と言うものに大変な興味を抱いています。お酒のコラムを書く

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(2)

・ホットイタリアン これはリキュールベースのカクテルです。簡単に言うとスクリュードライバーを温

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(1)

夏に飲みたいお酒といえば何といってもビールであり、モヒートなども最近では人気です。では、冬はどのよう

記事を読む

no image

白ワインの効用

  白ワインは赤ワインとは違う意味において色々な健康効果を持っています。 &n

記事を読む

no image

ワインに使われるブドウの品種

ブドウには様々な品種がありますが、原産はカスピ海と黒海に挟まれたコーカサス地方です。これは現在のグル

記事を読む

no image

酔っ払いと他の生き物

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見

記事を読む

no image

インドはお酒の後進国

インドはお酒において、ほかの国より文化的に遅れています。これはインドにはヒンズー教が浸透していること

記事を読む

no image

ビールをおいしく飲むコツ(1)

せっかくビールによって至福のひと時を過ごすならば、やはりできるだけおいしく飲みたいものです。そのため

記事を読む

no image

日本人と酒 6

これによって、ヤマタノオロチはすっかり酔い潰れ、前後不覚にねむりこんでしまいました。こうして一切の戦

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

  • 2022年6月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑