*

焼酎の甲類と乙類の違い(2)

公開日: : 最終更新日:2014/10/19 お酒, 焼酎

このように、甲類は特徴のない、アルコール臭い、おいしくない焼酎です。

これに対して乙類はおいしい焼酎です。なぜおいしいのかと言えば、芋焼酎ならば芋、米焼酎ならば米、麦焼酎ならば麦、蕎麦焼酎ならば蕎麦というふうに、原材料の個性がはっきりと焼酎の中に現れているものだからです。甲類に比べて銘柄の数が非常に多く、原料の風味の違いを楽しむことができます。

したがって、甲類がサワーなどにして飲むのに対して、乙類はロックや水割り、お湯割りにすることで香りを楽しむ飲み方が一般的です。本格焼酎という言い方もされ、ほとんどが九州で作られています。

九州で宅飲みをする時には乙類焼酎を飲むのが非常に好ます。おそらく、お酒を飲む人が家にいない等の特別な事情がない限りは、九州のほとんどの一般家庭には乙類焼酎が常備されていることでしょう。

筆者の実家は福岡にあり、学生時代は熊本で過ごしましたが、やはり一番よく飲んだお酒は焼酎です。


sponsored link

関連記事

no image

梅酒の知られざる効果

梅雨も明けて、夏本番となりました。この時期に嫌なのが夏バテです。夏バテに効果があると知られている食べ

記事を読む

no image

タスト・ド・パンとは

ソムリエの格好を見ると、首から灰皿のような容器をぶら下げているのを見たことがあるかと思います。この容

記事を読む

img_1569997_39946597_3

高アルコールビールって知ってる?(2)

・ドゥ・ストライセ・ブラック・アルバート:13.0% これはベルギーのスタウトです。ベルギー王

記事を読む

no image

お酒が何リットルも飲めるわけ

お酒は何リットルも飲めるものです。たとえばビールの500ml入りのものを6本飲めば3リットルですが、

記事を読む

no image

ロゼ・ワインの醸造法

ロゼ・ワインは白ワインと赤ワインの中間的なワインであり、色は“ロゼ”の名の通りバラのようなピンク色を

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

150x150_square_3732184

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編2)

本日は最近私がほんとに気に入ってる和食の店なのですが、 大阪福島にある「魚のすすめ」と言うお店をご

記事を読む

no image

白ソーセージの正しい食べ方

白ソーセージと言えばミュンヘンの名物で、仔牛の肉、パセリ、レモンなどを入れた白いソーセージを茹でて食

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑