*

ビール腹の真実(3)

公開日: : 最終更新日:2014/10/17 お酒, ビール

したがって、ビールを飲む際には心がけておくべきことがあります。太らない飲み方があるのです。

 

・太らないおつまみを選ぶ

ビールを飲む時には豆腐や鳥のささみ、枝豆などの脂が少なく高タンパクなおつまみをとるのがお勧めです。干物ではスルメなどのよく噛んで満腹中枢を刺激してくれるおつまみも食べ過ぎ防止の役にたちます。

 

・水をのむ

合間に水を飲むことも効果的です。塩分の高いおつまみはお酒と相性がいいため、喉が渇きます。ここでお酒を飲んで喉を潤すのではなく、水を飲むようにすると摂取するアルコールを減らすことができ、食べ過ぎを防ぐことにつながります。

 

・翌日のケア

お酒を飲んだ翌日はアルコールを分解するために働いた内臓は疲れ切っています。その時にはできるだけ内臓に負担をかけないためにも和食中心の食事を食べましょう。

 

これらのポイントを押さえれば、きっとビールを飲むことがそれほど怖くなくなったのではないでしょうか。熱い夏を乗り切る活力の源として、ビールを飲みましょう。


sponsored link

関連記事

no image

ビールをおいしく飲むコツ(1)

せっかくビールによって至福のひと時を過ごすならば、やはりできるだけおいしく飲みたいものです。そのため

記事を読む

no image

白ワインと赤ワインのグラスの違い

パーティやレストランでワインを飲むときに気づくことがあります。それは、赤ワインと白ワインでは大きさが

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

no image

その他のおすすめ黒糖焼酎

朝日 奄美大島の酒造である朝日酒造で作られている黒糖焼酎が「朝日」です。この名前はもちろん、朝

記事を読む

rento011

黒糖焼酎「れんと」

黒糖焼酎は奄美大島でしか作られませんが、なかでも有名なのは「れんと」ではないでしょうか。開運酒造とい

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(3)

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

日本人と酒 14

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、そ

記事を読む

no image

ジンの効用

筆者が大好きなお酒の一つジンにも、多くの効用があります。 なにせ、ジンというお酒はもともと薬と

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(4)

○ソル・クバーノ グレープフルーツを加えることでフルーティな味わいになります。カクテルの名前は

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑