*

ビール腹の真実(1)

公開日: : 最終更新日:2014/10/17 お酒, ビール

さて、ビールがおいしい時期になってきましたね。喉の渇きを我慢して我慢して、家に帰って冷蔵庫に欠けより、冷えたビールを流し込む・・・この爽快感は病みつきになります。決して他の飲料にはない爽快感です。筆者も学生時代、当初はビールなど苦いばかりでおいしくない酒だと思っていたのですが、夏の暑い日に屋外での労働に従事し、休憩時間にアサヒスーパードライを出されたものを飲んだ時、異常なおいしさにびっくりしました。

夏の暑い日に飲むとこのようにおいしいビールなのですが、中にはビール腹と呼ばれるお腹周りの脂肪を気にしてビールを控えている人もいるかもしれません。

しかし、一般的な認識にある「ビールを飲むとビール腹になる」と言うものの中には、多分に誤りが含まれています。ビールはビール腹の直接的原因とはならず、ビール自体は何ら割るものではないのです。ビールの真実を知ればビール腹の直接の原因が分かり、夏のビールを楽しめるようになると思います。


sponsored link

関連記事

20101002160919

ワインとグラス

ワイングラスには非常に様々な形があることは皆さんすでにご存じでしょう。では、なぜあれほど様々な形があ

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(3)

○春の雪 緑鮮やかなカクテルであり、春になって雪が溶け、草木が芽吹いていく季節の到来をイメージ

記事を読む

no image

日本酒の作り方(1)

日本酒は日本人にとって大変馴染み深い酒です。「酒」といえば日本酒を意味するほどです。 さて、日

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?2

  開栓後のワインを上手に保存するためには3つの方法があります。 1、ボトルを

記事を読む

no image

ロゼ・ワインの醸造法

ロゼ・ワインは白ワインと赤ワインの中間的なワインであり、色は“ロゼ”の名の通りバラのようなピンク色を

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

no image

焼酎の効用

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。 しか

記事を読む

no image

酔っ払いと他の生き物

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見

記事を読む

no image

泡盛について(2)

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。 例えば、泡盛の歴史を語る

記事を読む

no image

日本人と酒 8

もうひとつの例がヤマトタケルノミコトがクマソタケルを討伐した際のことです。 ヤマトタケルノミコ

記事を読む

  • 2022年6月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑