*

泡盛について(2)

公開日: : 最終更新日:2014/10/16 お酒, 焼酎

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。

例えば、泡盛の歴史を語る上では首里三箇、つまり沖縄の首里城周辺の鳥堀、赤田、崎山の3つの地域を知らなければなりません。これらの3つの地域は、沖縄で琉球王朝が栄えていた時代に、泡盛を造ることを許された唯一の場所でした。

首里三箇においては、約40家の焼酎職が王府から泡盛造りの命を受けて泡盛造りを行っていました。もし焼酎職が醸造を失敗したり、横流しをしたことが発覚すれば、器具の没収や島流しという厳罰が下されていました。

また、泡盛を造ることができるのは焼酎職だけであり、焼酎職以外の人がもし泡盛を密造しようものならば死罪にされていました。それほどに泡盛の管理は厳密に行われており、この厳しい中で焼酎職たちは切磋琢磨して技を競い、泡盛の製造技術が精錬されていきました。

当時、琉球王朝は徳川幕府へ従属していましたが、献上品には必ず泡盛が含まれていました。現在も首里三箇には、琉球王朝時代から続く蔵元が3つ残っています。


sponsored link

関連記事

no image

日本酒のカクテル(3)

○春の雪 緑鮮やかなカクテルであり、春になって雪が溶け、草木が芽吹いていく季節の到来をイメージ

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(3)

・キリスト教=ワインは神との契約の証 キリスト教とお酒の関係は深いと言えるでしょう。キリストが

記事を読む

no image

世界で年間1.5億キロリットル飲まれるビール

最も多く飲むお酒はビールだという人は少なくないのではないでしょうか。では、実際にはビールは全世界でど

記事を読む

images-9

ビールの分類について

ビールは大別すると「ラガー」と「エール」の二種類に分けられます。分け方の基準は製造に使われる酵母の違

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(1)

酒の主成分はエタノールであり、日常生活でアルコールというときにはエタノールのことを指しています。エタ

記事を読む

images-7

ビールは古代から存在した

四月ももうすぐ終わりです。間もなく暑い夏がやってきます。暑い中で仕事をするのは大変なものですが、冷え

記事を読む

no image

日本人と酒 17

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

150x150_square_3732184

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編2)

本日は最近私がほんとに気に入ってる和食の店なのですが、 大阪福島にある「魚のすすめ」と言うお店をご

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑