*

日本酒の管理・保存(3)

公開日: : お酒, 日本酒

日本酒の保存方法の目安となるものに、「火入れ」がなされているかどうかということがあります。火入れというのは日本酒を低温熱殺菌する工程のことを言います。火入れは日本酒に含まれる酵母や火落ち菌を60度の熱によって殺菌しますが、貯蔵前や瓶詰前に行われます。

とくに火落ち菌を殺菌することを重視しています。火落ち菌が日本酒に含まれていたからと言って健康を害するようなことはないのですが、この菌が繁殖すると酒の持つ本来の味や香りが変化し、色も白っぽくなってしまいます。火入れによって火落ち菌をしっかり殺菌しておけば長期の保存が可能となるのです。

日本酒の中には火入れをしていないものもあり、それらを生酒あるいは生貯蔵酒といいます。生酒や生貯蔵酒出会った場合にはきちんとラベルに「生酒」とか「生貯蔵酒」と書かれているので判別は容易です。これらの日本酒の場合には火落ち菌が繁殖することを防ぐためにも、冷蔵庫での貯蔵が必要になります。


sponsored link

関連記事

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

北海道の日本酒(1)

日本酒と言えば新潟を筆頭に東北が有名です。北海道の日本酒はほとんど知られていませんが、北海道もおいし

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(3)

・キリスト教=ワインは神との契約の証 キリスト教とお酒の関係は深いと言えるでしょう。キリストが

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

no image

赤ワインの醸造法

赤ワインと白ワインでは醸造法が多少異なるため、別個に見てみましょう。赤ワインは果皮も一緒に漬けこむた

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

no image

ビールの効用(1)

酒は百薬の長と言われますが、ビールも例外ではありません。適度に飲むビールは様々な効果をもたらしてくれ

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(2)

・ヒンドゥー教=好ましくない ヒンドゥー教は神道と似ており様々な神様が存在し、さらには教典もあ

記事を読む

no image

発酵って何?(2)

では酸素がある状態ではどうなるのでしょうか。酵母は、なにもわざわざ好き好んで無酸素状態でアルコール発

記事を読む

no image

北海道の日本酒(2)

・国士無双 高砂酒造の代表銘柄です。中国の古典である史記から名づけられており、名前から受けるイ

記事を読む

  • 2019年7月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑