*

日本酒の管理・保存(2)

公開日: : お酒, 日本酒

日本酒を適切に保存するためには、光を当てないことのほかに温度管理も大切です。基本的な保存温度は常温以下です。これは、保存している時の温度が高いと時間が経過するにつれて色が変わり、すっきりとした味わいが売りのお酒であってもくどい味になり、精錬された味わいが売りのお酒でも雑味の多い味になってしまうのです。これではお酒を十分に楽しむことはできません。

したがって、日本酒を長期保存する場合には低温で、温度変化が少ない状態で保存するようにしましょう。具体的には5度前後の低温で保存すれば2~3年間保存することができ、そのような状態で長期間保存された日本酒は熟成されて深い味わいを醸します。これ以上の温度では15度を目安として保存するのがよく、この温度であれば1年間ほど保存することが可能となります。

熟成させるコツは、新聞紙にスキマがないようにくるみ、これを冷蔵庫の野菜室に入れておくとよいでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

キューバリブレの話(2)

キューバリブレはラム酒とコーラを混ぜたものですが、この他にもモヒートやダイキリなどのように、キューバ

記事を読む

no image

ジンの効用

筆者が大好きなお酒の一つジンにも、多くの効用があります。 なにせ、ジンというお酒はもともと薬と

記事を読む

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

no image

日本酒の作り方(1)

日本酒は日本人にとって大変馴染み深い酒です。「酒」といえば日本酒を意味するほどです。 さて、日

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーでの飲み方~

バーで飲む時にはマナーがあります。それはバーの雰囲気に合わせるということでしょう。例えばワイワイ騒ぎ

記事を読む

no image

BYOという飲み方

お酒の飲み方の一つにBYOと言うものがあります。これはBring Youe Ownの略であり、あなた

記事を読む

no image

赤ワインの効用

赤ワインの健康効果は、ポリフェノールが豊富に含まれることに由来しています。その証拠として、ワインの大

記事を読む

no image

ブランデーの正しい飲み方

ブランデーの飲み方として正しいものは、口がすぼまった、底が広い形をしたバルーングラスに注ぎ、底を手の

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑