*

日本酒の管理・保存(2)

公開日: : お酒, 日本酒

日本酒を適切に保存するためには、光を当てないことのほかに温度管理も大切です。基本的な保存温度は常温以下です。これは、保存している時の温度が高いと時間が経過するにつれて色が変わり、すっきりとした味わいが売りのお酒であってもくどい味になり、精錬された味わいが売りのお酒でも雑味の多い味になってしまうのです。これではお酒を十分に楽しむことはできません。

したがって、日本酒を長期保存する場合には低温で、温度変化が少ない状態で保存するようにしましょう。具体的には5度前後の低温で保存すれば2~3年間保存することができ、そのような状態で長期間保存された日本酒は熟成されて深い味わいを醸します。これ以上の温度では15度を目安として保存するのがよく、この温度であれば1年間ほど保存することが可能となります。

熟成させるコツは、新聞紙にスキマがないようにくるみ、これを冷蔵庫の野菜室に入れておくとよいでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

夏に飲みたいカクテル(3)

○ロングアイランド・アイスティー アメリカニューヨーク、ロングアイランドで作られたカクテルです

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

新しい日本酒の飲み方・サケボム

海外の若者たちの間では日本酒の新しい飲み方として「サケボム」と言うものが流行りつつあります。起源は韓

記事を読む

150x150_square_24371462

大阪梅田の焼き肉屋 神戸あぶり牧場

本日は私が良く行く焼き肉屋を紹介してみたいと思います。 焼き肉と言えば、勿論ビールですが、他に

記事を読む

no image

ボリビアワインって知ってる?

南米ワインで定番のものは、アルゼンチンとチリで作られたものです。安価でおいしく、種類も豊富なワインで

記事を読む

no image

カナダのお酒

カナダにはワインの産地があります。かの有名なナイアガラの滝の北東に位置するオンタリオ州であり、カナダ

記事を読む

no image

焼酎の甲類・乙類の違い(4)

なかには甲乙混和焼酎と言うものもあります。これは甲類と乙類を混ぜた焼酎であり、風味や味わいに乏しい甲

記事を読む

no image

カクテルで激しくシェイクする理由

バーでカクテルを注文すると、バーテンダーは専用のシェイカーに材料を入れ、激しい動作でシェイカーをシェ

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

水割り好きな日本人

ウイスキーは洋酒の中でも日本人にとってなじみ深いお酒の一つでしょう。しかし、外人の飲み方と日本人の飲

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑