*

日本酒の管理・保存(2)

公開日: : お酒, 日本酒

日本酒を適切に保存するためには、光を当てないことのほかに温度管理も大切です。基本的な保存温度は常温以下です。これは、保存している時の温度が高いと時間が経過するにつれて色が変わり、すっきりとした味わいが売りのお酒であってもくどい味になり、精錬された味わいが売りのお酒でも雑味の多い味になってしまうのです。これではお酒を十分に楽しむことはできません。

したがって、日本酒を長期保存する場合には低温で、温度変化が少ない状態で保存するようにしましょう。具体的には5度前後の低温で保存すれば2~3年間保存することができ、そのような状態で長期間保存された日本酒は熟成されて深い味わいを醸します。これ以上の温度では15度を目安として保存するのがよく、この温度であれば1年間ほど保存することが可能となります。

熟成させるコツは、新聞紙にスキマがないようにくるみ、これを冷蔵庫の野菜室に入れておくとよいでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

日本人と酒 18

ここまで述べてきたとおり、日本人と酒というものは太古の昔から密接な関係があります。スサノオノミコトの

記事を読む

no image

ビールにまつわる笑える間違い

今から、ビールの原料にまつわる話をしますが、その前に一つ考えていただきたいことがあります。あなたは「

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(2)

○パナシェ ビールベースのカクテルです。日本人にはビールはそのまま飲むというイメージの人が多い

記事を読む

no image

オンザロックビールのすすめ(2)

では、オンザロックビールはどのようにして楽しむと良いのでしょうか。そのためには手順があります。

記事を読む

no image

ワインの醸造法

ワインの醸造法は非常に単純です。原理としてはブドウをつぶして果汁を発酵させると言うだけです。ブドウは

記事を読む

O_7456005

高アルコールビールって知ってる?(1)

夏はビールが美味しいのですが、ビアガーデンに行くといつも思うことがあります。最初は意気込んで行き、最

記事を読む

no image

日本酒風呂のすすめ

日本酒は美容効果が非常に大きいお酒ですが、単に飲むだけではなく、お風呂に日本酒を入れた「日本酒風呂」

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

・のの 鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合い

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑