*

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, その他のお酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば、現在中学校教育の地理の教科書において、モンゴル人の生活を紹介するくだりで馬乳酒を飲むモンゴル人の姿が写真付きで掲載されているからです。遊牧民は栄養的に偏った食事をしがちであるものの、馬乳酒からビタミンを摂取しているというようなことが書いてあります。

さて、馬乳酒は上述のとおりモンゴルを中心とする、馬の飼育が盛んな中央アジアで見られるお酒です。その名の通り原料は馬の乳です。お酒と言ってもアルコール濃度は1~3%くらいで低く、栄養が豊富であるため乳幼児も飲んでいます。アルコール発酵と乳酸発酵が行われていることで、酸味が強いお酒に仕上がります。

なぜアルコール濃度が低いのかと言えば、それはアルコール濃度が糖度に左右されるからです。糖度が高いものが原料であれば酵母はそれを栄養分として盛んに発酵してアルコールをたくさん作り、アルコール濃度が高くなります。しかし馬の乳には乳糖が含まれるものの糖度は低く、どうしてもアルコール濃度は低いものとなってしまうのです。だからこそ、乳幼児でも飲めるというわけです。


sponsored link

関連記事

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

no image

キューバリブレの話(2)

キューバリブレはラム酒とコーラを混ぜたものですが、この他にもモヒートやダイキリなどのように、キューバ

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

no image

ビールにまつわる笑える間違い

今から、ビールの原料にまつわる話をしますが、その前に一つ考えていただきたいことがあります。あなたは「

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(1)

酒の主成分はエタノールであり、日常生活でアルコールというときにはエタノールのことを指しています。エタ

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(1)

夏に飲みたいお酒といえば何といってもビールであり、モヒートなども最近では人気です。では、冬はどのよう

記事を読む

f16fe9e532fccdff56230b26c1f3222d

世界的に有名な食後酒

・イエガーマイスター 世界中で売られている大変有名なハーブリキュールに、ドイツ産のイエガーマイ

記事を読む

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(1)

前回に引き続き、今回は日本酒を使ったカクテルに焦点をあててみていくようにします。レシピも書いていきま

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑