*

キューバリブレの話(2)

公開日: : 最終更新日:2014/06/15 お酒, カクテル

キューバリブレはラム酒とコーラを混ぜたものですが、この他にもモヒートやダイキリなどのように、キューバが発祥となっているラムベースのカクテルは高い人気を誇っています。近年ではとくにモヒートの人気が高いことは多くの人が知るところでしょう。ラム酒はサトウキビから作られるお酒であり、サトウキビプランテーションという奴隷の象徴から生まれているのが印象的です。

キューバリブレのレシピを紹介します。

 

【レシピ】

ラム 45ml

ライム 10ml

コーラ 適量

 

キューバは独立や革命と切っても切れない歴史とともに歩んできました。スペインから独立した後にはアメリカ資本主義から束縛されることとなり、共産主義革命によってアメリカの傀儡政権であるバチスタ政権を破って革命を成し遂げたことは、近年チェ・ゲバラが注目されていることによって広く知られているところでしょう。

革命の闘士たちがはたしてキューバリブレを飲んだかどうかは分かりません。少なくともアメリカ資本主義との戦いを進める上で、その象徴的な飲み物であるコカコーラを敢えて飲まない、と言う風なことはなかったようです。指揮官であるフィデルカストロがコーラを飲んでいた写真が残っています。

したがって、革命闘争の後にもきっとキューバリブレで祝杯があげられたのではないか・・・と思っています。


sponsored link

関連記事

20070725115958_img1_29

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(1)

酒屋のビールコーナーに行くと、ビール・発泡酒・第3のビールがおいてあります。ビールはもちろんビールそ

記事を読む

no image

ブランデーの正しい飲み方

ブランデーの飲み方として正しいものは、口がすぼまった、底が広い形をしたバルーングラスに注ぎ、底を手の

記事を読む

no image

日本人と酒 2

さて、ヤマタノオロチとはどのような怪物であったのか。古事記にはこのように書かれています。 &n

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(2)

最近の若者はお酒をあまり飲まなくなってしまったというイメージがあります。仕事の後に飲み会に誘っても「

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(1)

日本人の思想の発露の一形態として、筆者は妖怪と言うものに大変な興味を抱いています。お酒のコラムを書く

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(4)

酒吞童子は見慣れない奴らが来たとばかりに、お前たちは誰だといぶかしがるので、頼光たちは、自分たちはた

記事を読む

no image

お燗のポイント(2)

燗をつける時に電子レンジで漬けることがありますが、これは良くありません。やはりお燗をする時には鍋にお

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

  • 2020年10月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑