*

キューバリブレの話(1)

公開日: : 最終更新日:2014/06/14 お酒, カクテル

キューバのカクテルにキューバリブレと言うものがありますが、キューバリブレはキューバが独立する歴史の途上で生まれたお酒です。

そもそもキューバは、1492年にコロンブスが発見し、1511年にはスペインが植民地とした島です。先住民は虐待、強制労働という欧米帝国主義の毒牙にかかって絶滅してしまいました。その後は労働力を賄うためにアフリカ人が強制的に連れてこられ、奴隷産業が行われました。

その後19世紀になってからサトウキビの大規模なプランテーションが行われたことでキューバは世界最大の砂糖の産地となり、未だにこれがキューバの経済を支える重要な産業になっています。1830年あたりからスペインの支配体制がより劣悪なものになったために独立の機運が高まり、1868年には第一次キューバ独立戦争が起こります。この戦争は10年間にわたって続いたものの、完全な独立にはならずに休戦となりました。

1895年には第二次キューバ独立戦争が勃発し、この時アメリカが介入して米西戦争に発展します。この時アメリカとともにコカコーラがキューバに入ってきましたが、あるアメリカ人将校がラム酒とコーラを混ぜることを思いつき、そのカクテルで乾杯するときに「ぽル・キューバ・リーブレ!(自由なキューバのために!)」といったことから、キューバリブレと呼ばれるようになりました。

 


sponsored link

関連記事

no image

日本人と酒 8

もうひとつの例がヤマトタケルノミコトがクマソタケルを討伐した際のことです。 ヤマトタケルノミコ

記事を読む

no image

ワインに使われるブドウの品種

ブドウには様々な品種がありますが、原産はカスピ海と黒海に挟まれたコーカサス地方です。これは現在のグル

記事を読む

youmart_4904230028406

焼酎の甲類と乙類の違い(1)

焼酎には甲類と乙類というふうに分類されていることは知っているでしょうか。また、知っている人はどのよう

記事を読む

NP5Zy3FxwzDu5E7Nahv4dwfi32OKaH5LaCLU9dDVo9gOe9JQYZKuqrRf_ZRiEDW0IHcRsvVC6mC0vaTEMPP6IqoSBiH7y3fu4UyzkWO8x25TGRvwEl0_6ZcmuugSmQ--

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編1)

私は大阪に住んでるんですが、良く行くオススメのバーや居酒屋を紹介していこうと思います。 本日第

記事を読む

Unknown-1

二日酔いの予防1

二日酔いの予防と聞くと、今日のお酒の量を少なくしたり、 本当は焼酎ロックでいきたいところを、焼酎水

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(3)

二日酔いを解消する方法3   ・ツボをマッサージする 二日酔いを解消する

記事を読む

no image

ジンの効用

筆者が大好きなお酒の一つジンにも、多くの効用があります。 なにせ、ジンというお酒はもともと薬と

記事を読む

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

no image

梅酒の保存について

梅酒をおいしく保存するためにはいくつかのポイントがあります。   まず重要なの

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑