*

休日の昼から飲むならこのお酒

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

贅沢な休日の過ごし方の一つに、昼からお酒を飲むと言うものがあります。とくにいい天気の日にウッドデッキによく冷えたお酒とちょっとしたおつまみを準備して、ほろ酔い気分で友人と歓談するなどと言う過ごし方はこの上なく贅沢なものです。

ここで紹介したいのはお昼から飲むのに適しているお酒であり、一押しはシードルです。

シードルはリンゴを発酵させて作る発泡性のお酒です。世界各地で作られていますが、最も夢いなのはフランス産のものです。ブランデーにカルバドスと言うものがありますが、カルバドスはシードルを蒸留したものです。シードルの味には甘口~から口まで幅があり、フルーティで飲みやすく、アルコール度数も5%程度で大変飲みやすいです。

シードルによくあうおつまみと言えばクレープです。とくに塩味のガレットなどはよく合います。甘いクレープでも合います。これはシードルの味によって変わるもので、塩味のクレープならば辛口のシードルが合い、甘いクレープには甘口のシードルが合います。

なお、本場風にシードルを飲みたいならばマグカップのような陶器の器に入れて飲むのがよいでしょう。陶器がない時にはコーヒーカップなどでも代用できます。


sponsored link

関連記事

no image

梅酒を使ったカクテル(1)

夏バテに効く梅酒は夏こそ飲みたいお酒です。ここでは、梅酒の楽しみを何倍にも広げる、梅酒カクテルの作り

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(2)

・汗をかこう 汗をかくと言う方法は有効な方法です。汗をかくと体の代謝が高まるため、二日酔いの原

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(1)

日本人の思想の発露の一形態として、筆者は妖怪と言うものに大変な興味を抱いています。お酒のコラムを書く

記事を読む

youmart_4904230028406

焼酎の甲類と乙類の違い(1)

焼酎には甲類と乙類というふうに分類されていることは知っているでしょうか。また、知っている人はどのよう

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(2)

幕藩体制の際には、夏場は耕作をして冬は休耕となるため何らかの内職を行って生活していましたが、その貧し

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

no image

梅酒の保存について

梅酒をおいしく保存するためにはいくつかのポイントがあります。   まず重要なの

記事を読む

no image

悪酔いの原因は?

悪酔いをしてしまう原因は、アセトアルデヒドという毒素によります。 アルコールを摂取すると、その

記事を読む

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

no image

北海道の日本酒(1)

日本酒と言えば新潟を筆頭に東北が有名です。北海道の日本酒はほとんど知られていませんが、北海道もおいし

記事を読む

  • 2019年7月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑