*

世界的に有名な食後酒

公開日: : 最終更新日:2014/06/14 お酒, リキュール

・イエガーマイスター

世界中で売られている大変有名なハーブリキュールに、ドイツ産のイエガーマイスターと言うものがあります。これはアニスやカンゾウをはじめとした56種類のハーブを使ったお酒であり、アルコール度数は35度です。カクテルにもつかわれますが、より一般的な使われ方は食後酒としてストレートで飲むと言うものです。

・ベヘロフカ

こちらはチェコのハーブリキュールであり、チェコ土産としてとても好まれるものです。販売開始は1807年ですからすでに200年以上の歴史があります。お酒のレシピは一切公開されておらず、現地の工場でも限られた人しか知らないため何のハーブが使われているのかは不明です。

 

・アマーロ

三つ目はイタリアのアマーロというハーブリキュールです。イタリア産のハーブリキュールの総称をアマーロと言いますが、苦みと薬草の香りが特徴的なお酒です。事実、アマーロというのはイタリア語で「苦い」ということを意味する単語でもあります。

修道士が薬として作っていたお酒であり、イタリアでは今でも薬用酒としてのまれています。日本で言う養命酒のような位置づけです。

上記のハーブリキュールは消化を助けてくれるため、食後酒として最適なものです。


sponsored link

関連記事

no image

ジンの効用

筆者が大好きなお酒の一つジンにも、多くの効用があります。 なにせ、ジンというお酒はもともと薬と

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

タスト・ド・パンとは

ソムリエの格好を見ると、首から灰皿のような容器をぶら下げているのを見たことがあるかと思います。この容

記事を読む

no image

自家製梅酒の作り方

夏バテに効果のある梅酒を自宅で作ってみましょう。以下にオーソドックスな梅酒の作り方を解説します。

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(1)

前回に引き続き、今回は日本酒を使ったカクテルに焦点をあててみていくようにします。レシピも書いていきま

記事を読む

no image

ギネスビールの魅力

厳しい暑さが続く今日この頃、ビールがおいしい季節となりました。ビールといえば国内産のビールを飲むと言

記事を読む

no image

白ワインと赤ワインのグラスの違い

パーティやレストランでワインを飲むときに気づくことがあります。それは、赤ワインと白ワインでは大きさが

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(1)

ウォッカと言うのはロシアのお酒です。多くの人はウォッカに対して、無色透明で非常にきついお酒という印象

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(1)

酒の主成分はエタノールであり、日常生活でアルコールというときにはエタノールのことを指しています。エタ

記事を読む

  • 2021年4月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑