*

ワインボトルの形の違い

公開日: : 最終更新日:2014/06/13 お酒, ワイン

ワインを選ぶ時に気になったことがあるかもしれません。ワインボトルの形の違いです。それぞれの形には様々なものがあります。

日本語ではいかり肩、なで肩といいますが、標準の用語ではいかり肩のことをボルドータイプ、なで肩のことをブルゴーニュタイプと言います。ボルドーは渋みが強く味がしっかりとしているのに対し、ブルゴーニュは柔らかい味わいを持っていることで知られています。

ボトルの形をボルドーとブルゴーニュに分けるのはごく一般的な分け方であり、細かくみると地域によって色々なタイプに分けられます。

たとえばアルザス型といえば背が高くスマートなボトル、背が高いもののアルザス型に比べれば少し太めで茶色のガラスのものはライン型、うすい緑色をしたものはモーゼル型、ほかにもボトルの下半分が藁で包まれている伝統ボトル・キャンティ型等があります。

より特殊な形で言うならばドイツのフランケン地方ではボックスボイデルという形のボトルが使われていますが、これはヤギの陰嚢と言う意味で、革製のワイン袋をイメージして作られています。

このように、一口にワインボトルといっても様々な形があるので、それらもよく観察しながらワインを楽しむとより一層楽しくなることでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

supiritasu

世界の強いお酒(2)世界一のお酒はスピリタス

さて、では世界で最も強いお酒とは何なのでしょうか。それはポーランドのお酒であり、「スピリタス」という

記事を読む

no image

日本人と酒 11

現代に伝わる古代の酒盛りを見ると、神社の後の直会や田舎の風習に残っています。神社では大きなお祭りが終

記事を読む

no image

カナダのお酒

カナダにはワインの産地があります。かの有名なナイアガラの滝の北東に位置するオンタリオ州であり、カナダ

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(3)薬酒の歴史

薬酒は世界中に様々なものがありますが、中でも有名なのは生薬・漢方の本場である中国のものでしょう。中国

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(8)

酒吞童子は身動きは取れないものの意識はあり、 「良くも騙したな、貴様ら」 と恨めしそうに

記事を読む

bar_in_dt

バーで飲むこと~初心者編~

いつもお酒を飲むなら自宅か居酒屋という人が多いと思いますが、バーで飲むのもいいものです。行きつけのバ

記事を読む

no image

メキシコ流のテキーラの飲み方

  テキーラはショットグラスでストレートで飲むイメージを持っている人もいることでしょ

記事を読む

clearumeshu

食事によく合う梅酒

梅酒はお酒の中でも甘くて飲みやすく、女性にも人気のお酒です。しかし、その甘さゆえに料理の味を邪魔する

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(1)色

ワインは色と香り、そして味で楽しみます。この3つの要素を観察してワインを評価することをワインテイステ

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑