*

ワインボトルの形の違い

公開日: : 最終更新日:2014/06/13 お酒, ワイン

ワインを選ぶ時に気になったことがあるかもしれません。ワインボトルの形の違いです。それぞれの形には様々なものがあります。

日本語ではいかり肩、なで肩といいますが、標準の用語ではいかり肩のことをボルドータイプ、なで肩のことをブルゴーニュタイプと言います。ボルドーは渋みが強く味がしっかりとしているのに対し、ブルゴーニュは柔らかい味わいを持っていることで知られています。

ボトルの形をボルドーとブルゴーニュに分けるのはごく一般的な分け方であり、細かくみると地域によって色々なタイプに分けられます。

たとえばアルザス型といえば背が高くスマートなボトル、背が高いもののアルザス型に比べれば少し太めで茶色のガラスのものはライン型、うすい緑色をしたものはモーゼル型、ほかにもボトルの下半分が藁で包まれている伝統ボトル・キャンティ型等があります。

より特殊な形で言うならばドイツのフランケン地方ではボックスボイデルという形のボトルが使われていますが、これはヤギの陰嚢と言う意味で、革製のワイン袋をイメージして作られています。

このように、一口にワインボトルといっても様々な形があるので、それらもよく観察しながらワインを楽しむとより一層楽しくなることでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

梅酒を使ったカクテル(2)

・梅酒ジンジャー ホットでもアイスでも楽しめます。アイスならば氷にジンジャーエールと梅酒を注ぎ

記事を読む

1990724

ワインとグラス(2)

・まろやかで甘い白ワイン 次に白ワインですが、まろやかで甘味があり、フルーティな香りを持ってい

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(6)

酒吞童子は頼光たちが吃驚していることも知らずに話を続けます。 「わしも本当は都に住みたいと思っ

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(1)ヤシ酒

お酒の原料と言えば果物か穀物だけだと思っていませんか?確かになじみ深いビール、焼酎、日本酒、ウイスキ

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

焼酎の効用

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。 しか

記事を読む

no image

日本酒の種類について

今日は日本酒の種類について書いて行きたいと思います。 日本酒と一言で言っても、大吟醸や特別純米

記事を読む

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

  • 2021年4月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑