*

日本酒初心者が知るべき10銘柄

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 お酒, 日本酒

日本酒になじみがなかった人が日本酒を始めようと思った時、銘柄のあまりの多さにびっくりして何をどう飲んだらよいのかわからなくなることでしょう。そんな人のために、まず知っておくべき10銘柄を紹介します。

 

・十四代(じゅうよんだい)

山形県のお酒です。高級日本酒の代表銘柄であり、トップクラスの人気を誇ります。

 

・獺祭(だっさい)

山形県のお酒であり、海外進出も行っています。フルーティな味わいであり、女性からも高い人気を獲得しています。

 

・久保田(くぼた)

二が他県のお酒です。淡麗辛口の味わいで、最高峰である「久保田 万寿」はプレミアがつく逸品です。

 

・磯自慢(いそじまん)

静岡県のお酒です。2008年の洞爺湖サミット公式食事会の乾杯酒に選ばれました。

 

・田酒(でんしゅ)

青森県のお酒です。完全手作りで仕込が行われています。

 

・八海山(はっかいさん)

新潟県のお酒です。新潟の八海山の湧水で仕込まれた有名なお酒です。

 

・黒龍(こくりゅう)

福井県のお酒です。ワインのノウハウを日本酒に取り入れたお酒です。

 

・飛露喜(ひろき)

福島県のお酒です。

 

・越乃寒梅(こしのかんばい)

新潟県のお酒です。淡麗純米の飲みやすい味わいです。

 

・緑川(みどりかわ)

新潟県のお酒です。フルーティな香りをもった独特のお酒です。


sponsored link

関連記事

no image

適度なお酒で健康増進(1)

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」 こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらい

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

朝酒はなぜ効くのか

朝からお酒を飲むと、夜ならばなんともない量であっても、結構酔いが回ってしまうというのは、朝酒をやった

記事を読む

no image

芋焼酎に使われる麹

芋焼酎の銘柄を見ると、黒霧島、黒伊佐錦等と言う風に、黒と名のついたものが非常に多くあります。これは、

記事を読む

no image

焼酎の甲類・乙類の違い(4)

なかには甲乙混和焼酎と言うものもあります。これは甲類と乙類を混ぜた焼酎であり、風味や味わいに乏しい甲

記事を読む

no image

脳がアルコールを欲しがる?

人間の脳みそは動物の脳みそと大きく違う部分があります。これは大脳新皮質という部分が非常に発達している

記事を読む

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

no image

日本人と酒 13

また、大杯で飲みまわすのではなく、大・中・小の3つの杯を3回ずつ飲みまわすところもあります。つまり1

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑