*

白ソーセージの正しい食べ方

公開日: : 最終更新日:2014/06/11 お酒, ビール

白ソーセージと言えばミュンヘンの名物で、仔牛の肉、パセリ、レモンなどを入れた白いソーセージを茹でて食べるものです。普通のソーセージと比べてしお味もさほど強くなく、あっさりと淡泊な味わいです。白ソーセージの正しい食べ方を学び、白ビールのお供にどうぞ。

 

・沸騰したお湯に10分間つける

白ソーセージは焼かず、茹でず、お湯に浸して温めて食べます。

 

・はちみつ入りのマスタード

白ソーセージにつけるのはケチャップや粒入りマスタードではありません。はちみつ入りの甘いマスタードを付けて食べます。あっさりとした淡泊な味わいと相性がよく、非常においしいです。日本にはこのようなマスタードは売っていないため、ディジョンマスタードに好みではちみつを加えて使いましょう。

 

・皮をむいて食べる

白ソーセージの皮は食べません。ナイフとフォークでソーセージを縦にきり、皮をはいで中身だけを食べます。通な人は手でもって中身を吸い出すようにして食べるそうです。

 

そして白ソーセージを食べる時には白ビールが欠かせません。白ビール、白ソーセージ、プレッツェルという組み合わせは定番の組み合わせであり、ドイツ料理のレストランであればドイツ全国で食べることができます。


sponsored link

関連記事

img_1569997_39946597_3

高アルコールビールって知ってる?(2)

・ドゥ・ストライセ・ブラック・アルバート:13.0% これはベルギーのスタウトです。ベルギー王

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(1)

新年会や忘年会や新入社員の歓迎会などなど、飲み会シーズンになると二日酔いに悩まされる人は多いと思いま

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(4)

6、酸度 これは、日本酒に含まれる酸の総量を示します。日本酒にはコハク酸、リンゴ酸、乳酸などの

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

no image

休日の昼から飲むならこのお酒

贅沢な休日の過ごし方の一つに、昼からお酒を飲むと言うものがあります。とくにいい天気の日にウッドデッキ

記事を読む

no image

ビールをおいしく飲むコツ(2)

おいしく飲むためには上手な注ぎ方を知っておくとよいでしょう。まずは、グラスをしっかりと洗っておくこと

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

ロゼ・ワインの醸造法

ロゼ・ワインは白ワインと赤ワインの中間的なワインであり、色は“ロゼ”の名の通りバラのようなピンク色を

記事を読む

no image

ワインに使われるブドウの品種

ブドウには様々な品種がありますが、原産はカスピ海と黒海に挟まれたコーカサス地方です。これは現在のグル

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(2)

・すず音 人気のスパークリング日本酒であり、居酒屋でもよく見かけるようになりました。口の中で炭

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑