*

お酒を健康に役立てる(4)日本の薬酒

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 薬酒

日本も薬酒の歴史はかなり古いものを持っています。その証拠として奈良正倉院の文書の一つには薬酒に関する記述がありますが、この文書は天平11年(739年)の者と言われています。

また「屠蘇酒」があり、これは正月に飲まれるものですがこれももとは薬酒です。屠蘇酒を造ったのは中国後漢時代の華陀という名医であり、漢方が日本に伝来するときにいっしょに伝えられました。

その後、日本にも漢方医学が定着すると、日本の風土に合わせて独自の薬酒作りが始まります。現代に伝わっていないものもたくさんあるのでしょうが、現代に伝わる最も古い薬酒がかの有名な養命酒です。今でもどこでも手に入る養命酒が造られたのは慶長7年(1602年)であり、その歴史は400年以上にもなるのです。

養命酒には様々な生薬が配合されていますが、生薬のもつ特性として、2種類以上の組み合わせで効果が増強されたり変化したり、あるいはより複数を組み合わせて複雑な効果を示したりします。養命酒に使われているのはシャクヤク、ジオウ、ケイヒ、トチュウなどであり、計14種類の生薬が溶け込んでいます。

また、生薬の中には植物由来のものだけではなく動物由来のものもあり、それらを使ったエグみの強い薬酒もあります。


sponsored link

関連記事

no image

ギネスビールの魅力

厳しい暑さが続く今日この頃、ビールがおいしい季節となりました。ビールといえば国内産のビールを飲むと言

記事を読む

no image

メキシコ流のテキーラの飲み方

  テキーラはショットグラスでストレートで飲むイメージを持っている人もいることでしょ

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(3)

・ズブロッカ ズブロッカは日本でも売られており、愛好する日本人も多いため知っている人も多いこと

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?1

ワインは醸造酒の中でも劣化が早いもので、開栓後は早めに飲みきらなければならないものです。しかし、ワイ

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(4)

ワインが一躍脚光を浴びたのは、近年ポリフェノールの健康効果が注目されたことによります。赤ワインの原料

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(1)養命酒

日本人なら誰でも知っている薬酒といえば養命酒でしょう。ドラッグストアに行けば置いてあるロングセラー商

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(2)

○オンザロック この飲み方は定番ですね。夏も冷えた焼酎を美味しく飲みたいものです。ポイントはで

記事を読む

no image

焼酎の効用

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。 しか

記事を読む

  • 2020年1月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑