*

お酒を健康に役立てる(4)日本の薬酒

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 薬酒

日本も薬酒の歴史はかなり古いものを持っています。その証拠として奈良正倉院の文書の一つには薬酒に関する記述がありますが、この文書は天平11年(739年)の者と言われています。

また「屠蘇酒」があり、これは正月に飲まれるものですがこれももとは薬酒です。屠蘇酒を造ったのは中国後漢時代の華陀という名医であり、漢方が日本に伝来するときにいっしょに伝えられました。

その後、日本にも漢方医学が定着すると、日本の風土に合わせて独自の薬酒作りが始まります。現代に伝わっていないものもたくさんあるのでしょうが、現代に伝わる最も古い薬酒がかの有名な養命酒です。今でもどこでも手に入る養命酒が造られたのは慶長7年(1602年)であり、その歴史は400年以上にもなるのです。

養命酒には様々な生薬が配合されていますが、生薬のもつ特性として、2種類以上の組み合わせで効果が増強されたり変化したり、あるいはより複数を組み合わせて複雑な効果を示したりします。養命酒に使われているのはシャクヤク、ジオウ、ケイヒ、トチュウなどであり、計14種類の生薬が溶け込んでいます。

また、生薬の中には植物由来のものだけではなく動物由来のものもあり、それらを使ったエグみの強い薬酒もあります。


sponsored link

関連記事

no image

夏に飲みたいカクテル(2)

○パナシェ ビールベースのカクテルです。日本人にはビールはそのまま飲むというイメージの人が多い

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(6)

ワインはぶどうの品種、作られる土壌、栽培方法、気候,収穫時期,製造法,貯蔵法などによって様々な味わい

記事を読む

no image

ビールに合う意外なもの

以前某テレビ番組で、ビールに合う意外なおつまみが紹介されていました。普通、ビールのおつまみと言われれ

記事を読む

no image

日本酒の効用

酒は百薬の長といいますが、日本酒にはどのような効用があるのでしょうか。   ・

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

no image

芋焼酎のおいしい飲み方

芋焼酎をおいしく飲むためには、そのための方法があります。ここではおいしく飲むための方法を学んで、芋焼

記事を読む

no image

ビール腹の真実(3)

したがって、ビールを飲む際には心がけておくべきことがあります。太らない飲み方があるのです。 &

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(1)

新年会や忘年会や新入社員の歓迎会などなど、飲み会シーズンになると二日酔いに悩まされる人は多いと思いま

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑