*

お酒を健康に役立てる(4)日本の薬酒

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 薬酒

日本も薬酒の歴史はかなり古いものを持っています。その証拠として奈良正倉院の文書の一つには薬酒に関する記述がありますが、この文書は天平11年(739年)の者と言われています。

また「屠蘇酒」があり、これは正月に飲まれるものですがこれももとは薬酒です。屠蘇酒を造ったのは中国後漢時代の華陀という名医であり、漢方が日本に伝来するときにいっしょに伝えられました。

その後、日本にも漢方医学が定着すると、日本の風土に合わせて独自の薬酒作りが始まります。現代に伝わっていないものもたくさんあるのでしょうが、現代に伝わる最も古い薬酒がかの有名な養命酒です。今でもどこでも手に入る養命酒が造られたのは慶長7年(1602年)であり、その歴史は400年以上にもなるのです。

養命酒には様々な生薬が配合されていますが、生薬のもつ特性として、2種類以上の組み合わせで効果が増強されたり変化したり、あるいはより複数を組み合わせて複雑な効果を示したりします。養命酒に使われているのはシャクヤク、ジオウ、ケイヒ、トチュウなどであり、計14種類の生薬が溶け込んでいます。

また、生薬の中には植物由来のものだけではなく動物由来のものもあり、それらを使ったエグみの強い薬酒もあります。


sponsored link

関連記事

no image

ワインの歴史

ワインをはじめとする果実酒の歴史は非常に古いものです。推測に依れば、落ちた果実が自然に発行したものか

記事を読む

kasisu

女性に人気のフルールビール(2)

○ブーン・クリーク これはサクランボを漬け込んで作られたフルーツビールです。さわやかな酸味と上

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

img56535386

世界の強いお酒(4)リモンチェッロをつくろう

ここまでスピリタスの解説をしてきましたが、スピリタスを使った果実酒作りをしてみましょう。リモンチェッ

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(3)

・台湾・・・五香黒胡椒毛豆 台湾と言えば立ち並ぶ屋台が印象的です。台湾のビールはアルコール度数

記事を読む

rento011

黒糖焼酎「れんと」

黒糖焼酎は奄美大島でしか作られませんが、なかでも有名なのは「れんと」ではないでしょうか。開運酒造とい

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

鹿児島人と芋焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(5)

発泡性のワインは炭酸ガスを内包しており、3気圧以上のガス圧をもっているものはスパークリングワインとさ

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(1)養命酒

日本人なら誰でも知っている薬酒といえば養命酒でしょう。ドラッグストアに行けば置いてあるロングセラー商

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑