*

お酒を健康に役立てる(3)薬酒の歴史

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 薬酒

薬酒は世界中に様々なものがありますが、中でも有名なのは生薬・漢方の本場である中国のものでしょう。中国古代の歴史書に「史記」と言うものがあり、この本には古代中国の名士たちの逸話が数多く掲載されています。その中の一つに戦国時代の名医である扁鵲という人物の逸話がありますが、その医者は治療の時に薬酒を用いたと書かれています。このことから、古代中国においては非常に古い時代から薬酒が用いられていたことが分かります。

世界に目を向ければ、西洋ではローマ時代の名医であるディオスコリデスが57種類の薬酒に関する著述を残しているため、西洋でもかなり古い時代から存在していたことが分かります。

薬酒が広まったのは中世になってからで、修道院の中で薬酒が造られ飲まれました。当時の修道者たちにとってはいいお酒を造ることができると言うのは誇るべきことであったらしく、自らの滋養強壮と信者への福祉を目的として薬酒を作ったのです。

18世紀になるとイタリアでワインに薬草を加えたベルモットが生まれ、フランスではペルノが造られて食前酒というものが浸透していきました。食前酒には食欲を増進させる効果があり、また食事中の会話を弾ませると言う効果もあります。


sponsored link

関連記事

no image

ビールは太る?

お腹がひどく出ている状態を指して「ビール腹」などと言いますね。この言葉を聞く限りは、ビールが大変高カ

記事を読む

no image

梅酒の保存について

梅酒をおいしく保存するためにはいくつかのポイントがあります。   まず重要なの

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(3)

・ズブロッカ ズブロッカは日本でも売られており、愛好する日本人も多いため知っている人も多いこと

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(1)

スパークリング日本酒とは発泡性の日本酒であり、日本酒が苦手な人でも飲みやすく、また一般的な日本酒に慣

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(1)

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言います

記事を読む

no image

日本人と酒 7

神武天皇御東征の場合にも酒の力が発揮されています。このときは戦中におこなわれました。 土蜘蛛と

記事を読む

no image

泡盛について(2)

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。 例えば、泡盛の歴史を語る

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?1

ワインは醸造酒の中でも劣化が早いもので、開栓後は早めに飲みきらなければならないものです。しかし、ワイ

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(1)

以前、日本人とお酒の話を連載した際に、日本の神道ではお酒が好ましいものとされていると話しました、では

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑