*

お酒を健康に役立てる(3)薬酒の歴史

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 薬酒

薬酒は世界中に様々なものがありますが、中でも有名なのは生薬・漢方の本場である中国のものでしょう。中国古代の歴史書に「史記」と言うものがあり、この本には古代中国の名士たちの逸話が数多く掲載されています。その中の一つに戦国時代の名医である扁鵲という人物の逸話がありますが、その医者は治療の時に薬酒を用いたと書かれています。このことから、古代中国においては非常に古い時代から薬酒が用いられていたことが分かります。

世界に目を向ければ、西洋ではローマ時代の名医であるディオスコリデスが57種類の薬酒に関する著述を残しているため、西洋でもかなり古い時代から存在していたことが分かります。

薬酒が広まったのは中世になってからで、修道院の中で薬酒が造られ飲まれました。当時の修道者たちにとってはいいお酒を造ることができると言うのは誇るべきことであったらしく、自らの滋養強壮と信者への福祉を目的として薬酒を作ったのです。

18世紀になるとイタリアでワインに薬草を加えたベルモットが生まれ、フランスではペルノが造られて食前酒というものが浸透していきました。食前酒には食欲を増進させる効果があり、また食事中の会話を弾ませると言う効果もあります。


sponsored link

関連記事

Unknown-1

赤ワインの健康効果

最近はそれほど騒がれてはいませんが、一昔前は赤ワインを飲むと 健康になるといった、ブームがありまし

記事を読む

no image

アルコール依存症の恐怖

アルコール依存症は、昔は意志が弱い、だらしがない、道徳観が低いなどというマイナスイメージがつきまとっ

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(1)

以前、日本人とお酒の話を連載した際に、日本の神道ではお酒が好ましいものとされていると話しました、では

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(3)

○水割り そしてなんといっても、美味しく簡単に作れる焼酎の飲み方の定番、水割りも夏に欠かせない

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(1)

その昔、酒吞童子という妖怪がいました。鬼の統領であることから、妖怪といってもかなり凶悪な部類の奴で、

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(4)

○ソル・クバーノ グレープフルーツを加えることでフルーティな味わいになります。カクテルの名前は

記事を読む

no image

白ワインの効用

  白ワインは赤ワインとは違う意味において色々な健康効果を持っています。 &n

記事を読む

20070725115958_img1_29

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(1)

酒屋のビールコーナーに行くと、ビール・発泡酒・第3のビールがおいてあります。ビールはもちろんビールそ

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(3)

二日酔いを解消する方法3   ・ツボをマッサージする 二日酔いを解消する

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑