*

お酒を健康に役立てる(1)養命酒

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 薬酒

日本人なら誰でも知っている薬酒といえば養命酒でしょう。ドラッグストアに行けば置いてあるロングセラー商品です。

お酒に生薬を溶かしたものであり、血行促進と新陳代謝を活性化することで滋養強壮効果が得られます。滋養強壮と言えばリポビタンDやアリナミンVといった栄養ドリンクが有名ですが、実はあんなものはほとんど清涼飲料水と変わらず、飲んでも得られるのは糖分ばかりで体に良いことは一つもありません。

やはり滋養強壮には養命酒がよいでしょう。効果が確かであるにも関わらず1回分の値段も50円弱であり、コストパフォーマンスも高いです。推奨される分量は1日3回ですが、朝や昼に飲むとお酒なので仕事に支障をきたすでしょう。寝る前に飲むだけでも翌朝の目覚めが非常によくなるなどの効果が得られます。

効果をやかましく宣伝しているにもかかわらずほとんど効果のない栄養ドリンク等を飲むのではなく、赤い箱に入って静かに棚に鎮座している養命酒の方が確実に効果があります。もし滋養強壮を考えているならば、養命酒を1日1回でも習慣的に摂取し続けるとよいでしょう。生薬は継続的な摂取によって体質そのものを改善するものですから、疲れを回復するだけではなく疲れにくい体にしてくれることと思います。


sponsored link

関連記事

no image

甘酒はなぜ甘いか

甘酒はとても甘いお酒です。最近の甘酒にはアルコールがなく砂糖を加えて作っているものもありますが、本来

記事を読む

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

no image

赤ワインの醸造法

赤ワインと白ワインでは醸造法が多少異なるため、別個に見てみましょう。赤ワインは果皮も一緒に漬けこむた

記事を読む

no image

夏に飲みたい日本酒ロック(2)

日本酒ロックの基本的な飲み方は氷を入れたグラスに日本酒を注ぐと言うものですが、日本酒ロックの飲み方は

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(2)

このように、甲類は特徴のない、アルコール臭い、おいしくない焼酎です。 これに対して乙類はおいし

記事を読む

no image

日本酒のつくり方(2)

精米後の米は水で洗い、蒸し、これに麹をふりかけて麹菌を増やします。この工程を製麹といいます。このあと

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?1

ワインは醸造酒の中でも劣化が早いもので、開栓後は早めに飲みきらなければならないものです。しかし、ワイ

記事を読む

no image

ビール腹の真実(3)

したがって、ビールを飲む際には心がけておくべきことがあります。太らない飲み方があるのです。 &

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(4)

○ソル・クバーノ グレープフルーツを加えることでフルーティな味わいになります。カクテルの名前は

記事を読む

no image

日本人と酒 12

田舎に残っている風習を見ても、古代の酒盛りが残っています。たとえば結婚式の席などで、酒が1升も2升も

記事を読む

  • 2019年3月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑