*

お酒を健康に役立てる(1)養命酒

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 薬酒

日本人なら誰でも知っている薬酒といえば養命酒でしょう。ドラッグストアに行けば置いてあるロングセラー商品です。

お酒に生薬を溶かしたものであり、血行促進と新陳代謝を活性化することで滋養強壮効果が得られます。滋養強壮と言えばリポビタンDやアリナミンVといった栄養ドリンクが有名ですが、実はあんなものはほとんど清涼飲料水と変わらず、飲んでも得られるのは糖分ばかりで体に良いことは一つもありません。

やはり滋養強壮には養命酒がよいでしょう。効果が確かであるにも関わらず1回分の値段も50円弱であり、コストパフォーマンスも高いです。推奨される分量は1日3回ですが、朝や昼に飲むとお酒なので仕事に支障をきたすでしょう。寝る前に飲むだけでも翌朝の目覚めが非常によくなるなどの効果が得られます。

効果をやかましく宣伝しているにもかかわらずほとんど効果のない栄養ドリンク等を飲むのではなく、赤い箱に入って静かに棚に鎮座している養命酒の方が確実に効果があります。もし滋養強壮を考えているならば、養命酒を1日1回でも習慣的に摂取し続けるとよいでしょう。生薬は継続的な摂取によって体質そのものを改善するものですから、疲れを回復するだけではなく疲れにくい体にしてくれることと思います。


sponsored link

関連記事

no image

ビールは太る?

お腹がひどく出ている状態を指して「ビール腹」などと言いますね。この言葉を聞く限りは、ビールが大変高カ

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(2)

2、精米歩合 これは、原料米がどれくらい精米されたものであるかを示すものです。精米歩合が低く、

記事を読む

no image

お酒と微生物(2)

昔のお酒は非常に原始的な方法で発酵させていました。 そもそもお酒の発見は、熟しきった果実が地面

記事を読む

no image

ワインボトルの形の違い

ワインを選ぶ時に気になったことがあるかもしれません。ワインボトルの形の違いです。それぞれの形には様々

記事を読む

no image

朝酒はなぜ効くのか

朝からお酒を飲むと、夜ならばなんともない量であっても、結構酔いが回ってしまうというのは、朝酒をやった

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

150x150_square_24371462

大阪梅田の焼き肉屋 神戸あぶり牧場

本日は私が良く行く焼き肉屋を紹介してみたいと思います。 焼き肉と言えば、勿論ビールですが、他に

記事を読む

no image

ワインの歴史

ワインをはじめとする果実酒の歴史は非常に古いものです。推測に依れば、落ちた果実が自然に発行したものか

記事を読む

no image

ビールを飲むと痛風になる?1

夏真っ盛りになりましたね。夏と言えば色々なイベントが盛りだくさんですが、それらのイベントによってお酒

記事を読む

  • 2022年5月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑