*

二日酔いの予防法

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

二日酔いになった時の対策を紹介してきましたが、最も良いのは二日酔いにならないことであり、予防法を知ることです。それらの方法を知りましょう。

 

・脂肪分と炭水化物をとる

牛乳で脂肪分をとったり、おにぎりなどで炭水化物をとっておくとアルコールの吸収速度が抑えられて肝臓にかかる負担を軽減することができます。

 

・ウコンを摂取する

やはり二日酔い対策の定番はウコンでしょう。肝臓の働きを1.5倍にしてくれるともいわれるウコンはぜひとも飲んでおきたいものです。ちなみに、飲むタイミングはお酒を飲み終わった直後等と言われますが、筆者の経験則から言うと飲む前に推奨される使用量の倍くらいを飲んでおけばまず二日酔いになりません。

筆者は学生の頃にお酒好きな仲間と集まってバーに行き、“テキリンピック”なるイベントを催していました。これはただただテキーラを潰れるまで飲み続けるという相当危険な飲み会でしたが、ハウスの「ウコンの力」の顆粒タイプを3袋頓服して臨むと飲んでいる最中に吐き気を催すことはまずなく、翌日も二日酔いは全くおきませんでした。

このウコンの摂取方法は仲間内でたちまち広がり、すべての友達において顕著な効果を見せたのでほぼ間違いなく効果が見られます。


sponsored link

関連記事

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

no image

アルコール依存症の恐怖

アルコール依存症は、昔は意志が弱い、だらしがない、道徳観が低いなどというマイナスイメージがつきまとっ

記事を読む

no image

鹿児島人と芋焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費

記事を読む

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(3)

では、甲類焼酎と乙類焼酎はどのような違いによって香りや味の差が生まれているのでしょうか。それはひとえ

記事を読む

no image

お酒に関する資格(1)

お酒を愛してやまない皆様の中には、自他共に認めるお酒愛好家になるためにも、お酒の資格はないのだろうか

記事を読む

aeygt

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(3)

○第3のビール 第3のビールは、新ジャンルという呼び方でも呼ばれます。これは麦芽の使用率が25

記事を読む

no image

お酒が何リットルも飲めるわけ

お酒は何リットルも飲めるものです。たとえばビールの500ml入りのものを6本飲めば3リットルですが、

記事を読む

no image

フランスのお酒はフレンチとともに

フランスのお酒と言えば、ワインです。フランス人にとってはワインは非常に身近な存在であり、フランス人は

記事を読む

no image

ビールのおいしさを保つための保存の方法

ビールをまとめ買いしておき、必要に応じて冷やして飲むという人は多いともいます。そのような場合、保存の

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑