*

世界の強いお酒(3)スピリタスってどんなもの?

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, その他のお酒

さて、世界最強のお酒であるスピリタスはどのような味なのでしょうか。世界最強だし、ほぼ100度だし、さぞかし強烈なのだろうと思うことかもしれませんが、実際には初めは口の中がカーッとあつくなり、痛みを感じます。そしてこの感覚を過ぎると甘く感じられます。これはスピリタスだけではなく、純度100%の消毒用アルコールにしてもこのような味を持っているもので、アルコールとは本来このように甘い味を持っているのです。

日本ではウォッカの一種として認識されていますが、ポーランド本国ではウォッカとは別物とされています。使い方はこの前も述べたとおりにそのまま飲むと言うことはなく、山に這いった狩人や樵などが盛りで手に入る水を混ぜて飲んだり、家庭用の消毒薬として常備したり、果実を漬け込んで果実酒を作るのに使用されます。特に山の中に入った時には、けがをしたときには傷口を洗うための水や薬品が手に入りにくく、さらには様々な悪性の細菌に感染しやすい環境下に傷口が晒されるため、消毒薬としての意義も非常に大きなものをになっています。

ちなみに、スピリタスで作った果実酒は、日本でもおなじみの梅酒のソーダ割りのように炭酸水などで割って飲むのが好まれます。


sponsored link

関連記事

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(2)薬酒とは

健康に役立つものの一つとして近年注目されているのが薬酒です。これはアルコールに薬草や生薬を浸すことに

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

日本人と酒 18

ここまで述べてきたとおり、日本人と酒というものは太古の昔から密接な関係があります。スサノオノミコトの

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(1)

世界中で親しまれるワインですが、その歴史を知っていますか?これまでも少しずつ紹介してきましたが、今回

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(10)

以前、古事記に現れている日本人とお酒と関係を述べる際、須佐之男命のヤマタノオロチ退治、倭武命のクマソ

記事を読む

no image

日本酒カクテル(4)

○カシス娘 甘く仕上げた日本酒カクテルで、女性向けの味付けになっています。甘くて飲みやすいです

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

  • 2021年4月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑