*

世界の強いお酒(2)世界一のお酒はスピリタス

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, その他のお酒

さて、では世界で最も強いお酒とは何なのでしょうか。それはポーランドのお酒であり、「スピリタス」というお酒です。アルコール度数は96度にものぼり、緑の文字で書かれたラベルが貼ってある瓶からは一種の風格というか不気味さというか、独特の雰囲気さえたたえています。

スピリタスはポーランドのウォッカであり、蒸留を70回以上も繰り返すころによって高アルコール度数に仕上げています。世界最高純度のスピリッツであり、容易に引火してしまうため、飲んでいるときには煙草を吸うことをはじめとした火気厳禁がルールとなっています。

ちなみに、日本人はバーで悪ノリとしてスピリタスをストレートで飲むことがあります。つまり、スピリタスをそのままショットグラスに注いだ「スピリタスショット」です。しかしこのことをポーランド人に話すと笑われてしまいます。本来スピリタスは果実酒を作るときや医療用に使うお酒であり、そのままで飲むなんて、日本人は無茶をするなぁ・・・というわけです。

ちなみにポーランドではウォッカの消費が盛んであり、その中の一つがスピリタスです。このほかにはソビエスキ、ショパン、ジュブルフカなどの銘柄が人気のウォッカとなっています。


sponsored link

関連記事

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(1)

夏といえばビール!そのように考える人は多いでしょう。確かに夏に冷えたビールを飲むのは美味しいことです

記事を読む

knockeen-90

世界の強いお酒(7)ノッキーン・ポチーン

世界で一番強いお酒はスピリタス、そして第二位はエバークリアでした。そして第三位の強さを持つお酒はアイ

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(4)

6、酸度 これは、日本酒に含まれる酸の総量を示します。日本酒にはコハク酸、リンゴ酸、乳酸などの

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?1

ワインは醸造酒の中でも劣化が早いもので、開栓後は早めに飲みきらなければならないものです。しかし、ワイ

記事を読む

no image

ビール腹の真実(3)

したがって、ビールを飲む際には心がけておくべきことがあります。太らない飲み方があるのです。 &

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(1)

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言います

記事を読む

no image

お燗のポイント

お燗をするとき、熱燗にするつもりがぬる燗になってしまった、またはぬる燗にするつもりが熱燗になってしま

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(2)

幕藩体制の際には、夏場は耕作をして冬は休耕となるため何らかの内職を行って生活していましたが、その貧し

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(2)

・ヒンドゥー教=好ましくない ヒンドゥー教は神道と似ており様々な神様が存在し、さらには教典もあ

記事を読む

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

  • 2020年9月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑