*

世界の強いお酒(2)世界一のお酒はスピリタス

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, その他のお酒

さて、では世界で最も強いお酒とは何なのでしょうか。それはポーランドのお酒であり、「スピリタス」というお酒です。アルコール度数は96度にものぼり、緑の文字で書かれたラベルが貼ってある瓶からは一種の風格というか不気味さというか、独特の雰囲気さえたたえています。

スピリタスはポーランドのウォッカであり、蒸留を70回以上も繰り返すころによって高アルコール度数に仕上げています。世界最高純度のスピリッツであり、容易に引火してしまうため、飲んでいるときには煙草を吸うことをはじめとした火気厳禁がルールとなっています。

ちなみに、日本人はバーで悪ノリとしてスピリタスをストレートで飲むことがあります。つまり、スピリタスをそのままショットグラスに注いだ「スピリタスショット」です。しかしこのことをポーランド人に話すと笑われてしまいます。本来スピリタスは果実酒を作るときや医療用に使うお酒であり、そのままで飲むなんて、日本人は無茶をするなぁ・・・というわけです。

ちなみにポーランドではウォッカの消費が盛んであり、その中の一つがスピリタスです。このほかにはソビエスキ、ショパン、ジュブルフカなどの銘柄が人気のウォッカとなっています。


sponsored link

関連記事

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

インドはお酒の後進国

インドはお酒において、ほかの国より文化的に遅れています。これはインドにはヒンズー教が浸透していること

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(5)

最後に日本酒の保存期間ですが、これは何とも言い難いところです。日本酒には基本的に賞味期限がないのです

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(1)

夏といえばビール!そのように考える人は多いでしょう。確かに夏に冷えたビールを飲むのは美味しいことです

記事を読む

no image

ワインに使われるブドウの品種

ブドウには様々な品種がありますが、原産はカスピ海と黒海に挟まれたコーカサス地方です。これは現在のグル

記事を読む

2024556b2f

生き物を漬け込んだお酒(1)

お酒の中には生き物を漬け込んだお酒があるのを知っていますか?筆者が飲んだことがあるのはマムシ酒、スズ

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑