*

世界の強いお酒(1)強いお酒の味わい

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, その他のお酒

お酒を飲める人ならば、誰もが一度は強いお酒に挑戦してみるものです。何が強いのだろうかと考えてみると、ビールやチューハイはまず論外として、ワインや日本酒も十数度でまだまだです。焼酎は25度のものが一般的であり、高いものになると40度になることがあります。

強いという認識をされるのは40度以上くらいからでしょうか。それらの度数をクリアできるお酒で有名なものといえばウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ジン、テキーラ等でしょうか。日本人はお酒があまり強くないため、これらのお酒はカクテルを作るときに使われたり、水割りとして飲まれることが一般的です。

しかし、強いお酒には強いお酒なりの楽しみ方や味わいがあるもので、筆者はウイスキーではアルコール度数50度あるワイルドターキー、ジンではキルビーの緑ラベルで47.5度のものをストレートで飲むのが大好きです。

強いお酒の中でもよく飲まれるのはウイスキーやブランデーなどの味が豊潤なものであり、ウォッカはアルコール臭さが嫌われやすく、ジンやテキーラは味の独特さが嫌われやすいものです。しかしジンの持つジュニパーベリーの香りは一旦飲みなれると病みつきになるもので、夏場にジンをロックで飲むと他の強いお酒にはない清涼感があります。

また、テキーラも塩とレモンを組み合わせることで非常においしく飲むことができます。それぞれのお酒は味が分かれば、日本人であってもどれも大変おいしく飲めるものです。


sponsored link

関連記事

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

no image

ワインのカクテル(2)

・カリモーチョ これは赤ワインとコーラで作るすっきりおいしいカクテルです。コカコーラで作るのも

記事を読む

no image

北海道の日本酒(2)

・国士無双 高砂酒造の代表銘柄です。中国の古典である史記から名づけられており、名前から受けるイ

記事を読む

no image

ギネスビールの魅力

厳しい暑さが続く今日この頃、ビールがおいしい季節となりました。ビールといえば国内産のビールを飲むと言

記事を読む

no image

酔っ払いと他の生き物

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?1

ワインは醸造酒の中でも劣化が早いもので、開栓後は早めに飲みきらなければならないものです。しかし、ワイ

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(3)

では、甲類焼酎と乙類焼酎はどのような違いによって香りや味の差が生まれているのでしょうか。それはひとえ

記事を読む

20140425-02239851-mynaviw-000-2-view

アサヒ ドライゼロブラックを飲んでみる

先日アサヒ飲料から、ノンアルコールのドライゼロブラックが発売されました。これはノンアルコールでは世界

記事を読む

images

日本のビール(アサヒ編)

日本にも沢山のビールがあります。 その中でも私が特に好きなアサヒビール(スーパードライのアサヒさん

記事を読む

no image

フランス流飲みすぎ対策

ワインの年間消費量が世界ダントツ1位のフランスの人たちは、どのようにして飲みすぎ対策をしているのでし

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑