*

フランスのお酒はフレンチとともに

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 おつまみ・しめ, お酒, ワイン

フランスのお酒と言えば、ワインです。フランス人にとってはワインは非常に身近な存在であり、フランス人は11歳になるころにはワインを飲み始めます。多くの国がお酒の解禁が20歳前後に設定していることを考えると、この早さは驚くばかりです。フランス人の認識としては、ワインがカラダに有害性をもつアルコールというよりも、フランス人に身近でありフレンチによく合う飲み物という認識なのでしょう。

フランス人にとってワインはこれほど密接な関係に有り、もはやワイン抜きにはフランスは語れないほどのものです。この影響によってフランスにおけるワイン以外のお酒の存在感が非常に希薄になっていますが、フランスにもワイン以外のお酒があります。

例えば、ワインに次いでよく飲まれているお酒はビールです。何といってもビールの大産地であるドイツと隣接しているのですから、ビールとの関係も切れるものではありません。このほか、ビールをレモネードで割ったパナシェというものが夏場は人気のお酒となります。

このほかにシードルも有名です。シードルはリンゴで作った発泡酒であり、これはブドウ栽培に適していないブルターニュ地方やノルマンディー地方で作られるものです。

そしてフランス南部ではパスティスというきついリキュールが愛飲されています。

以上のように、フランスはお酒の種類が多く、料理によって様々なお酒を飲み分けているのです。


sponsored link

関連記事

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

no image

日本人と酒 7

神武天皇御東征の場合にも酒の力が発揮されています。このときは戦中におこなわれました。 土蜘蛛と

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(2)

ホットワインは、はずれの赤ワインを活用するときの方法です。作り方はとても簡単で、外れワインを一気にお

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(1)

ビールのおつまみには何を食べますか?枝豆、から揚げ、餃子、スナック菓子・・・などなど、和食、中華、養

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

supiritasu

世界の強いお酒(2)世界一のお酒はスピリタス

さて、では世界で最も強いお酒とは何なのでしょうか。それはポーランドのお酒であり、「スピリタス」という

記事を読む

no image

ワインに使われるブドウの品種

ブドウには様々な品種がありますが、原産はカスピ海と黒海に挟まれたコーカサス地方です。これは現在のグル

記事を読む

no image

ビール腹の真実(3)

したがって、ビールを飲む際には心がけておくべきことがあります。太らない飲み方があるのです。 &

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(1)ヤシ酒

お酒の原料と言えば果物か穀物だけだと思っていませんか?確かになじみ深いビール、焼酎、日本酒、ウイスキ

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

・のの 鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合い

記事を読む

  • 2022年9月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑