*

カサーシャが醸すブラジルの陽気な雰囲気

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, カクテル

ブラジルの人々はお酒が大好きです。それはブラジルのビール消費量が世界第5位にランクインしていることからもわかります。また、ブラジル発祥のお酒としてはカサーシャが有名です。カサーシャはピンガとも呼ばれる強いお酒で、日本ではあまりなじみ深くないものの、世界的には人気のお酒で、世界で3番目に消費されている蒸留酒です。アルコール度数は40度であり、値段が安いため、安く酔っぱらえるということで低所得者に愛されてきました。

しかしその低所得者層のお酒という観念は近年崩れつつあります。マグニフィカのような高級カサーシャが登場し、さらにはプレイボーイ誌においしいカサーシャとして掲載されるなどしてカサーシャが低所得者だけのお酒ではなくなってきているのです。

カサーシャの飲み方は色々あります。通な人ではカサーシャをストレートでそのまま飲むのが好まれることもありますが、それではきつい人や女性にはカサーシャに砂糖とつぶしたライムを加えたカクテル・カイピリーニャが人気です。

また、カイピリーニャのバリエーションは豊富で、ライムではなくそのほかのフルーツに変えることで様々なタイプを味わうことができます。ライム以外のフルーツに変えたものをカイピフルータと言います。このカクテルやストレートのカサーシャを昼間から飲みながら一日をだらだらと過ごすのがブラジル流の終末の過ごし方です。

ちなみにブラジル人は飲みながらおつまみを食べる習慣がありません。お酒の供はもっぱら会話かサンバです。サンバのリズムに乗ってカサーシャを飲めば、もうブラジル人の仲間入りです。


sponsored link

関連記事

no image

世界中で飲まれるワイン(6)

ワインはぶどうの品種、作られる土壌、栽培方法、気候,収穫時期,製造法,貯蔵法などによって様々な味わい

記事を読む

no image

日本酒カクテル(4)

○カシス娘 甘く仕上げた日本酒カクテルで、女性向けの味付けになっています。甘くて飲みやすいです

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(2)

幕藩体制の際には、夏場は耕作をして冬は休耕となるため何らかの内職を行って生活していましたが、その貧し

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(2)

このように、甲類は特徴のない、アルコール臭い、おいしくない焼酎です。 これに対して乙類はおいし

記事を読む

no image

カクテルで激しくシェイクする理由

バーでカクテルを注文すると、バーテンダーは専用のシェイカーに材料を入れ、激しい動作でシェイカーをシェ

記事を読む

no image

千鳥足の語源

ひどく酔っぱらうとまっすぐ歩くことが困難になり、ふらふらしながら歩くことになります。このことを「千鳥

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

・のの 鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合い

記事を読む

no image

スパークリングワインの醸造法

ワインの一種に炭酸入りのワイン、すなわちスパークリングワインがあります。これを作るためには、製造され

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(4)

日本酒に限った事ではありませんが、やはり開封後は低温で保存し、早めに飲みきることが大切です。栓を開け

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(2)

○グラスを変える 普段はお猪口で飲んでいる日本酒も、グラスを変えて飲むことでまた違った味わいに

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑