*

カナダのお酒

公開日: : お酒, ウィスキー, ビール, ワイン

カナダにはワインの産地があります。かの有名なナイアガラの滝の北東に位置するオンタリオ州であり、カナダと言えば寒いばかりのイメージがあるものですが、このエリアはフランスのボルドー地方と同じ緯度であるためブドウの生産とワインの醸造に適した土地なのです。

そして、カナダと言えばアイスワインですが、アイスワインはオンタリオ州における冬期の厳しい寒さのなかでうまれます。数々の賞を受賞しており、世界的な知名度を獲得しています。味わいが大変濃厚な奇跡の美酒です。

また、カナディアン・クラブは日本でも有名なウイスキーですが、これもカナダを代表するお酒です。ライ麦をふんだんに使って作られるため、ぴりっとした刺激的な味わいを持っており、バーボンとは違う顔を持っています。

とはいっても、カナダ人が最も好むお酒はビールです。カナダ人の典型的な休日の過ごし方は、ビール片手にピザを食べながらスポーツ観戦をするというものであり、日常的な風景です。また、広いカナダは地ビールの種類も大変豊富です。

 

ちなみに、上記のみを見るとカナダはアルコールが非常に親しみ深い一面が見て取れますが、一方で法律的には非常に飲酒に厳しい態度を取っています。個人の敷地外や飲食店以外の場所で飲酒することは認められていないため、日本のように公園で花見をしながらお酒を飲むなどと言うのはご法度です。お酒は政府が認可した店で飲み販売が許可されており、バーなどに入るときにはIDが必要となります。


sponsored link

関連記事

no image

世界中でのまれるワイン(4)

ワインが一躍脚光を浴びたのは、近年ポリフェノールの健康効果が注目されたことによります。赤ワインの原料

記事を読む

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

no image

チェイサーについて

チェイサーというものがありますね。これは強いお酒を飲んだ時に、口の中をさっぱりさせるために水を飲むの

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

no image

お酒に関する資格(1)

お酒を愛してやまない皆様の中には、自他共に認めるお酒愛好家になるためにも、お酒の資格はないのだろうか

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

img56535386

世界の強いお酒(4)リモンチェッロをつくろう

ここまでスピリタスの解説をしてきましたが、スピリタスを使った果実酒作りをしてみましょう。リモンチェッ

記事を読む

rento011

黒糖焼酎「れんと」

黒糖焼酎は奄美大島でしか作られませんが、なかでも有名なのは「れんと」ではないでしょうか。開運酒造とい

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(2)

2、精米歩合 これは、原料米がどれくらい精米されたものであるかを示すものです。精米歩合が低く、

記事を読む

  • 2020年10月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑