*

インドはお酒の後進国

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

インドはお酒において、ほかの国より文化的に遅れています。これはインドにはヒンズー教が浸透していることに依ります。ヒンズー教では飲酒を好ましいものではないとしており、さらに仏教発祥の地であるだけあってインドの人々は信心深いのです。したがってお酒が罪悪であるという意識が非常に強く、お酒が広まる基盤が長い間築かれてきませんでした。

飲酒が許可される年齢も他国に比べて高く25歳からと設定されており、長い間お酒を飲みたい人は隠れてこっそり飲むというほどでした。飲んでいるのを見る人は冷ややかな目でみますし、本人も恥ずかしいと感じながら飲んでいたのです。

しかし近年は急速に都市化してきたことによって、この傾向が徐々に薄らいできています。とはいってもまだまだ酒屋はなんとなく近寄りがたい雰囲気を感じる店舗も多く、そのような酒屋はまだあまりおおっぴらには受け入れられていません。

そのような中で、明るく清潔感があり、アングラな雰囲気を持たない酒屋も少しずつ登場し始めています。このような酒屋には、かつての「飲んだくれやろくでなしが集まる吹き溜まり」のようなイメージが払しょくされており、ようやくインドの酒文化に少しずつ光がさしていると言えます。

これによって、インドの大衆がようやくお酒の味を知るようになってきました。


sponsored link

関連記事

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

no image

オンザロックビールのすすめ(2)

では、オンザロックビールはどのようにして楽しむと良いのでしょうか。そのためには手順があります。

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(1)

黒ビールとは日本人にとってはそれほど馴染みが深くないお酒で、黒ビールを好んで飲むという人はそう多くは

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(3)

○春の雪 緑鮮やかなカクテルであり、春になって雪が溶け、草木が芽吹いていく季節の到来をイメージ

記事を読む

no image

赤ワインの醸造法

赤ワインと白ワインでは醸造法が多少異なるため、別個に見てみましょう。赤ワインは果皮も一緒に漬けこむた

記事を読む

sake26

日本酒の管理・保存(3)

日本酒の保存方法の目安となるものに、「火入れ」がなされているかどうかということがあります。火入れとい

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(1)

酒の主成分はエタノールであり、日常生活でアルコールというときにはエタノールのことを指しています。エタ

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(2)

一番お酒が弱い人は小さなグラスにビールを一杯のんだだけでも酩酊するものですが、これは父親と母親の両方

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(3)

では、甲類焼酎と乙類焼酎はどのような違いによって香りや味の差が生まれているのでしょうか。それはひとえ

記事を読む

  • 2019年9月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑