*

インドはお酒の後進国

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

インドはお酒において、ほかの国より文化的に遅れています。これはインドにはヒンズー教が浸透していることに依ります。ヒンズー教では飲酒を好ましいものではないとしており、さらに仏教発祥の地であるだけあってインドの人々は信心深いのです。したがってお酒が罪悪であるという意識が非常に強く、お酒が広まる基盤が長い間築かれてきませんでした。

飲酒が許可される年齢も他国に比べて高く25歳からと設定されており、長い間お酒を飲みたい人は隠れてこっそり飲むというほどでした。飲んでいるのを見る人は冷ややかな目でみますし、本人も恥ずかしいと感じながら飲んでいたのです。

しかし近年は急速に都市化してきたことによって、この傾向が徐々に薄らいできています。とはいってもまだまだ酒屋はなんとなく近寄りがたい雰囲気を感じる店舗も多く、そのような酒屋はまだあまりおおっぴらには受け入れられていません。

そのような中で、明るく清潔感があり、アングラな雰囲気を持たない酒屋も少しずつ登場し始めています。このような酒屋には、かつての「飲んだくれやろくでなしが集まる吹き溜まり」のようなイメージが払しょくされており、ようやくインドの酒文化に少しずつ光がさしていると言えます。

これによって、インドの大衆がようやくお酒の味を知るようになってきました。


sponsored link

関連記事

no image

日本酒カクテル(4)

○カシス娘 甘く仕上げた日本酒カクテルで、女性向けの味付けになっています。甘くて飲みやすいです

記事を読む

no image

悪酔いの原因は?

悪酔いをしてしまう原因は、アセトアルデヒドという毒素によります。 アルコールを摂取すると、その

記事を読む

no image

ワインの歴史

ワインをはじめとする果実酒の歴史は非常に古いものです。推測に依れば、落ちた果実が自然に発行したものか

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(1)ヤシ酒

お酒の原料と言えば果物か穀物だけだと思っていませんか?確かになじみ深いビール、焼酎、日本酒、ウイスキ

記事を読む

no image

日本人と酒 15

このように、日本では独酌というものが行われるようになったのはごく最近のことなのです。もっとも、大きな

記事を読む

no image

ビールができるまで(2)

アミラーゼが十分につくられたら、次は焙燥(ばいそう)という工程に入ります。簡単にいえば乾燥させる作業

記事を読む

no image

アメリカはビールが大人気!

アメリカで最も人気のあるお酒はビールです。特にアメリカの主要都市であるロサンゼルスは一年中温暖な気候

記事を読む

no image

日本人と酒 4

さて、ヤマタノオロチについてはいくつかの説があります。 最も有名な解釈は怪物説であり、スサノオ

記事を読む

no image

秋田県を代表する日本酒(2)

・飛良泉 秋田県の仁賀保町にある飛良泉本舗の代表銘柄です。飛良泉本舗は秋田県の中で最も古い酒蔵

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(10)

以前、古事記に現れている日本人とお酒と関係を述べる際、須佐之男命のヤマタノオロチ退治、倭武命のクマソ

記事を読む

  • 2019年3月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑