*

ワインの楽しみ方(2)香り

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 お酒, ワイン

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非常に奥が深いため、香りから様々な情報を読み取ることはワインテイスティングの醍醐味の一つとも言えます。

まず栓を抜いたときに香りが漂いますが、これはアロマとよばれるもので、ブドウの果実の香りを楽しむことができます。

グラスに注いだワインの嗅ぎ方は、まずグラスを揺らさないように鼻に近づけ、香りを嗅ぎます。次に小さく円を描くようにグラスを回転させることによってワインの香りを断たせ、これを深く吸い込みます。回すことによって立ち上る香りは「ブーケ」と呼ばれるもので、熟成されることによって起こる香りです。

香りを表現する基本的な用語は「スパイシー」「フルーティ」「花のような」「ハーブのような」「オークのような」といった表現がなされ、カビ臭さやコルク臭がするものは異常な臭いを持っているということで、ワインの良しあしを示しています。

ちなみに日本人でありながら国際ソムリエ協会の会長である田崎信也さんのテイスティングは非常に文学的であり、「子供のころに山に入って遊んでいたとき、カブトムシを発見したときの香り」などと評価しているのを聞いたことがあります。ここまでくるともはや常人には解しがたい領域と言えるでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

発酵って何?(2)

では酸素がある状態ではどうなるのでしょうか。酵母は、なにもわざわざ好き好んで無酸素状態でアルコール発

記事を読む

Unknown

お酒の種類

これまで、ビールやワイン、日本酒や焼酎など色々と記載してきましたが、 改めて、「お酒の種類」に関し

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(2)

  ウォッカは無色透明で無臭のものがスタンダードですが、それだけではなく、様々なウォ

記事を読む

no image

焼酎の甲類・乙類の違い(4)

なかには甲乙混和焼酎と言うものもあります。これは甲類と乙類を混ぜた焼酎であり、風味や味わいに乏しい甲

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(2)

日本酒を適切に保存するためには、光を当てないことのほかに温度管理も大切です。基本的な保存温度は常温以

記事を読む

no image

酔っ払いと他の生き物

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(1)

その昔、酒吞童子という妖怪がいました。鬼の統領であることから、妖怪といってもかなり凶悪な部類の奴で、

記事を読む

no image

フランスのお酒はフレンチとともに

フランスのお酒と言えば、ワインです。フランス人にとってはワインは非常に身近な存在であり、フランス人は

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

  • 2020年10月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑