*

ワインの楽しみ方(2)香り

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 お酒, ワイン

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非常に奥が深いため、香りから様々な情報を読み取ることはワインテイスティングの醍醐味の一つとも言えます。

まず栓を抜いたときに香りが漂いますが、これはアロマとよばれるもので、ブドウの果実の香りを楽しむことができます。

グラスに注いだワインの嗅ぎ方は、まずグラスを揺らさないように鼻に近づけ、香りを嗅ぎます。次に小さく円を描くようにグラスを回転させることによってワインの香りを断たせ、これを深く吸い込みます。回すことによって立ち上る香りは「ブーケ」と呼ばれるもので、熟成されることによって起こる香りです。

香りを表現する基本的な用語は「スパイシー」「フルーティ」「花のような」「ハーブのような」「オークのような」といった表現がなされ、カビ臭さやコルク臭がするものは異常な臭いを持っているということで、ワインの良しあしを示しています。

ちなみに日本人でありながら国際ソムリエ協会の会長である田崎信也さんのテイスティングは非常に文学的であり、「子供のころに山に入って遊んでいたとき、カブトムシを発見したときの香り」などと評価しているのを聞いたことがあります。ここまでくるともはや常人には解しがたい領域と言えるでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

no image

赤ワインの醸造法

赤ワインと白ワインでは醸造法が多少異なるため、別個に見てみましょう。赤ワインは果皮も一緒に漬けこむた

記事を読む

no image

白ワインの効用

  白ワインは赤ワインとは違う意味において色々な健康効果を持っています。 &n

記事を読む

no image

ビアカクテル(1)

ビールがおいしい季節になりましたが、ビールはそのまま飲むだけでなく、カクテルの材料としてビアカクテル

記事を読む

no image

ビールとワインが豊富なオーストラリア

オーストラリアで一番飲まれているお酒はビールです。種類が非常に多く、各州ごとに地ビールをもっており、

記事を読む

c4e9fe02

実はコルクは凄かった(1)

自分の飲んだワインの記念にコルクを収集する人もいますが、実はこのコルクは非常に時間をかけて作られてい

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(1)

日本酒の飲み方と言えば、冷酒か熱燗くらいしか思い浮かばない人も多いと思います。しかし、日本酒には色々

記事を読む

no image

ビールをおいしく飲むコツ(2)

おいしく飲むためには上手な注ぎ方を知っておくとよいでしょう。まずは、グラスをしっかりと洗っておくこと

記事を読む

  • 2021年4月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑