*

ワインの楽しみ方(2)香り

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 お酒, ワイン

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非常に奥が深いため、香りから様々な情報を読み取ることはワインテイスティングの醍醐味の一つとも言えます。

まず栓を抜いたときに香りが漂いますが、これはアロマとよばれるもので、ブドウの果実の香りを楽しむことができます。

グラスに注いだワインの嗅ぎ方は、まずグラスを揺らさないように鼻に近づけ、香りを嗅ぎます。次に小さく円を描くようにグラスを回転させることによってワインの香りを断たせ、これを深く吸い込みます。回すことによって立ち上る香りは「ブーケ」と呼ばれるもので、熟成されることによって起こる香りです。

香りを表現する基本的な用語は「スパイシー」「フルーティ」「花のような」「ハーブのような」「オークのような」といった表現がなされ、カビ臭さやコルク臭がするものは異常な臭いを持っているということで、ワインの良しあしを示しています。

ちなみに日本人でありながら国際ソムリエ協会の会長である田崎信也さんのテイスティングは非常に文学的であり、「子供のころに山に入って遊んでいたとき、カブトムシを発見したときの香り」などと評価しているのを聞いたことがあります。ここまでくるともはや常人には解しがたい領域と言えるでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(10)

以前、古事記に現れている日本人とお酒と関係を述べる際、須佐之男命のヤマタノオロチ退治、倭武命のクマソ

記事を読む

c4e9fe02

実はコルクは凄かった(1)

自分の飲んだワインの記念にコルクを収集する人もいますが、実はこのコルクは非常に時間をかけて作られてい

記事を読む

no image

焼酎の甲類・乙類の違い(4)

なかには甲乙混和焼酎と言うものもあります。これは甲類と乙類を混ぜた焼酎であり、風味や味わいに乏しい甲

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?1

ワインは醸造酒の中でも劣化が早いもので、開栓後は早めに飲みきらなければならないものです。しかし、ワイ

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(1)

日本人の思想の発露の一形態として、筆者は妖怪と言うものに大変な興味を抱いています。お酒のコラムを書く

記事を読む

images-9

ビールの分類について

ビールは大別すると「ラガー」と「エール」の二種類に分けられます。分け方の基準は製造に使われる酵母の違

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

no image

白ワインの効用

  白ワインは赤ワインとは違う意味において色々な健康効果を持っています。 &n

記事を読む

cae43c10

生き物を漬け込んだお酒(2)

・スズメバチ酒   スズメバチ酒も作ったことがあります。知り合いの奉職する神社

記事を読む

  • 2022年6月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑