*

ワインの楽しみ方(1)色

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 お酒, ワイン

ワインは色と香り、そして味で楽しみます。この3つの要素を観察してワインを評価することをワインテイスティングと言います。

 

色をテイスティングする際には、透明度を見ます。赤ワインの場合にはワイングラスを傾けて光を当ててみます。その時にグラスと接触しているワインの層が薄い部分を評価することで、ワインの良しあしを判断します。若いワインは紫がかった赤色をしているものであり、熟成が進むと褐色を帯びてきます。

次に白ワインですが、白ワインはグラスを水平に保ったまま目線の高さに持ってきて、ワインと空気の境界当たりの透明度を見ます。一般的な色は淡い緑色や麦に似た黄色をしています。金色のものは甘口となる傾向があります。

ロゼ・ワインの見方は白ワインと同じです。ロゼ・ワインには淡いピンク色から濃いピンク色まで幅がありますが、熟成するにつれてオレンジ色帯びたピンク色になってくるため、それによって評価をします。

ちなみにソムリエが首から灰皿のような器を下げていますが、これはかつて暗い酒蔵の中で、ろうそくの火によって色を観察するための道具でした。照明が発達した現代では、単なるソムリエの装飾品となっています。


sponsored link

関連記事

no image

ワインに使われるブドウの品種

ブドウには様々な品種がありますが、原産はカスピ海と黒海に挟まれたコーカサス地方です。これは現在のグル

記事を読む

Unknown

お酒の種類

これまで、ビールやワイン、日本酒や焼酎など色々と記載してきましたが、 改めて、「お酒の種類」に関し

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(4)

酒吞童子は見慣れない奴らが来たとばかりに、お前たちは誰だといぶかしがるので、頼光たちは、自分たちはた

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(3)

4、酵母 続いては酵母について書いている個所を見てみましょう。ここには仕込につかわれた酵母の種

記事を読む

no image

赤ワインの効用

赤ワインの健康効果は、ポリフェノールが豊富に含まれることに由来しています。その証拠として、ワインの大

記事を読む

no image

食前酒・食中酒・食後酒

食前酒、食中酒、食後酒を知っているものの、効能や選び方は知らない人が多いものです、ここでは、効能と選

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(1)

黒ビールとは日本人にとってはそれほど馴染みが深くないお酒で、黒ビールを好んで飲むという人はそう多くは

記事を読む

no image

オンザロックビールのすすめ(2)

では、オンザロックビールはどのようにして楽しむと良いのでしょうか。そのためには手順があります。

記事を読む

no image

ビールができるまで(2)

アミラーゼが十分につくられたら、次は焙燥(ばいそう)という工程に入ります。簡単にいえば乾燥させる作業

記事を読む

  • 2022年5月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑