*

スパークリングワインの醸造法

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 お酒, ワイン

ワインの一種に炭酸入りのワイン、すなわちスパークリングワインがあります。これを作るためには、製造されたワインに糖分と酵母を加えて二次発酵(二回目の発酵)を行います。こうすることによって炭酸ガスを閉じ込めることができます。

一次発酵は通常の白ワインの醸造法と何ら変わりません。その後畑の違うワインや古いワインを入れるなどして味を均一に調えます。ここから上記の二次発酵に移ります。糖分と酵母を加えて瓶に詰め、発酵させます。発酵では炭酸ガスが出る為、これがワインに溶け込んでいきます。

二次発酵が終わるとオリを瓶の口付近にあつめ、この部分を凍らせて栓を抜きます。こうすると炭酸ガスの圧力によってオリが外に飛び出します。オリを除くとその分だけワインのかさが減りますが、ここに糖分を含んだリキュールを補充します。シャンパンにはいろいろなタイプのものがありますが、それはこの時注いだリキュールの甘さによって変わります。

スパークリングワインには口金月付のコルクで栓がしてありますが、これは炭酸ガスの圧力を保つためです。

 

ちなみにシャンパンはシャンパーニュ地方で作られたものに限られ、それ以外の土地で生産されたものはすべてスパークリングワインに分類されます。


sponsored link

関連記事

no image

日本人と酒 18

ここまで述べてきたとおり、日本人と酒というものは太古の昔から密接な関係があります。スサノオノミコトの

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(5)

発泡性のワインは炭酸ガスを内包しており、3気圧以上のガス圧をもっているものはスパークリングワインとさ

記事を読む

clearumeshu

食事によく合う梅酒

梅酒はお酒の中でも甘くて飲みやすく、女性にも人気のお酒です。しかし、その甘さゆえに料理の味を邪魔する

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(3)

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(3)

・台湾・・・五香黒胡椒毛豆 台湾と言えば立ち並ぶ屋台が印象的です。台湾のビールはアルコール度数

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

・のの 鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合い

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

images-7

ビールは古代から存在した

四月ももうすぐ終わりです。間もなく暑い夏がやってきます。暑い中で仕事をするのは大変なものですが、冷え

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(1)

その昔、酒吞童子という妖怪がいました。鬼の統領であることから、妖怪といってもかなり凶悪な部類の奴で、

記事を読む

  • 2020年7月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑