*

赤ワインの醸造法

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, ワイン

赤ワインと白ワインでは醸造法が多少異なるため、別個に見てみましょう。赤ワインは果皮も一緒に漬けこむため赤黒い色になり、独特の渋みは皮から抽出されたタンニンに依るものです。

まず、ブドウの果実を茎から外し、これを皮を破く程度に潰します。つぶしたブドウはタンクに入れ、ここに酵母を加えることによって発酵させます。発酵期間は約1週間であり、温度は28~30度で発酵させます。このとき果実から色素やタンニンが抽出され、渋みやコクが生まれます。すべての糖分が発酵に使われるまで放置するため、赤ワインには甘味がなく辛口が一般的です。

発酵が終わったらタンクの底からワインを抜き、残った皮や果実も搾ってワインを取り出します。このワインを放置しておくと、しばらくして不純物がすべて沈殿します。この沈殿物のことはオリといい、これも取り除きます。その後数年の熟成期間を経たものは瓶詰をされ、コルクで栓がされ、出荷されることとなります。

 

ちなみに果皮から抽出されるタンニンはポリフェノールの一種であり、抗ガン作用や抗酸化作用が知られています。そのため赤ワインは色々なお酒の中でも特に体に良いお酒として注目を集めています。


sponsored link

関連記事

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(2)

最近の若者はお酒をあまり飲まなくなってしまったというイメージがあります。仕事の後に飲み会に誘っても「

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

no image

秋田県を代表する日本酒(2)

・飛良泉 秋田県の仁賀保町にある飛良泉本舗の代表銘柄です。飛良泉本舗は秋田県の中で最も古い酒蔵

記事を読む

supiritasu

世界の強いお酒(2)世界一のお酒はスピリタス

さて、では世界で最も強いお酒とは何なのでしょうか。それはポーランドのお酒であり、「スピリタス」という

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(2)

のた坊主は縛りあげられ、涙を流して謝り、許しを乞いました。しかし酒蔵の人々は決して許そうとはせず、ど

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

no image

チェイサーについて

チェイサーというものがありますね。これは強いお酒を飲んだ時に、口の中をさっぱりさせるために水を飲むの

記事を読む

no image

甘酒はなぜ甘いか

甘酒はとても甘いお酒です。最近の甘酒にはアルコールがなく砂糖を加えて作っているものもありますが、本来

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑