*

赤ワインの醸造法

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, ワイン

赤ワインと白ワインでは醸造法が多少異なるため、別個に見てみましょう。赤ワインは果皮も一緒に漬けこむため赤黒い色になり、独特の渋みは皮から抽出されたタンニンに依るものです。

まず、ブドウの果実を茎から外し、これを皮を破く程度に潰します。つぶしたブドウはタンクに入れ、ここに酵母を加えることによって発酵させます。発酵期間は約1週間であり、温度は28~30度で発酵させます。このとき果実から色素やタンニンが抽出され、渋みやコクが生まれます。すべての糖分が発酵に使われるまで放置するため、赤ワインには甘味がなく辛口が一般的です。

発酵が終わったらタンクの底からワインを抜き、残った皮や果実も搾ってワインを取り出します。このワインを放置しておくと、しばらくして不純物がすべて沈殿します。この沈殿物のことはオリといい、これも取り除きます。その後数年の熟成期間を経たものは瓶詰をされ、コルクで栓がされ、出荷されることとなります。

 

ちなみに果皮から抽出されるタンニンはポリフェノールの一種であり、抗ガン作用や抗酸化作用が知られています。そのため赤ワインは色々なお酒の中でも特に体に良いお酒として注目を集めています。


sponsored link

関連記事

no image

夏に飲みたいカクテル(1)

夏といえばビールと思っている人も多いでしょう。確かにそれも間違いではありませんが、なるに飲むのはカク

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(4)日本の薬酒

日本も薬酒の歴史はかなり古いものを持っています。その証拠として奈良正倉院の文書の一つには薬酒に関する

記事を読む

no image

ビールに使われている水

お酒は飲み物であり、飲み物である以上は原料となる水にどのような水を使うかによって、おいしいお酒になる

記事を読む

no image

泡盛について(1)

泡盛といえば沖縄のお酒です。沖縄のお酒と言うこと以外に知られていることと言えば焼酎の一種で、アルコー

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

お勧め商品一覧

ABCDE ★ 報酬高asp2商品 ★  各1個ずつ注文お願いします。 ホソカワミクロ

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(2)

ホットワインは、はずれの赤ワインを活用するときの方法です。作り方はとても簡単で、外れワインを一気にお

記事を読む

no image

日本人と酒 8

もうひとつの例がヤマトタケルノミコトがクマソタケルを討伐した際のことです。 ヤマトタケルノミコ

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

  • 2022年6月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑