*

ワインの醸造法

公開日: : 最終更新日:2014/05/28 お酒, ワイン

ワインの醸造法は非常に単純です。原理としてはブドウをつぶして果汁を発酵させると言うだけです。ブドウは果肉にブドウ糖や果糖が含まれており、果皮には天然酵母がついています。したがってブドウが潰れた時には果糖やブドウ糖によって天然酵母が発酵しアルコールを作り出すのです。昔は桶にブドウの果実をたくさん入れたものを、女性が足で踏み潰して作っていました。

ただし現在では天然酵母による発酵ではなく、酵母を純粋培養することによって単離された酵母を利用しています。

アルコール発酵によってアルコールが造られますが、ブドウの糖度の約半分のアルコール濃度となります(もしブドウの糖度が30度であればアルコール濃度は15%)。

また、赤ワインと白ワインがなぜ色が違うのかと言うと、赤ワインは皮ごと漬け込んで発酵させるのに対して、白ワインは皮を除いた果実のみを発酵させることに依ります。

ワインでヌーボーという単語を聞いたことがあると思いますが、これは「新酒」と言う意味で、若いワインと言うことになります。ヌーボーはあえて若いワインを飲みますが、通常はタンクあるいは樽で熟成します。通常白ワインは1~3年、赤ワインは2~5年で飲みごろを迎えます。熟成期間が長いものは当然希少であるため、高級ワインとして扱われます。


sponsored link

関連記事

no image

杜氏ってどんな人?(1)

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言います

記事を読む

no image

お酒に関する資格(2)

・ビアテイスター ワインにはワインソムリエと言う資格がありますが、ビールにもソムリエの資格があ

記事を読む

no image

赤ワインの効用

赤ワインの健康効果は、ポリフェノールが豊富に含まれることに由来しています。その証拠として、ワインの大

記事を読む

no image

自家製梅酒の作り方

夏バテに効果のある梅酒を自宅で作ってみましょう。以下にオーソドックスな梅酒の作り方を解説します。

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(1)

日本酒の飲み方と言えば、冷酒か熱燗くらいしか思い浮かばない人も多いと思います。しかし、日本酒には色々

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(4)

ワインが一躍脚光を浴びたのは、近年ポリフェノールの健康効果が注目されたことによります。赤ワインの原料

記事を読む

no image

ワインのカクテル(1)

カクテルにはいろいろなものがありますが、ワインを使ったカクテルをどれくらい知っているでしょうか。ワイ

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(2)

さて、酒吞童子退治に向かった一向が出発して間もなく、一行の前に小屋が現れました。小屋には3人のお爺さ

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(3)

・台湾・・・五香黒胡椒毛豆 台湾と言えば立ち並ぶ屋台が印象的です。台湾のビールはアルコール度数

記事を読む

  • 2020年9月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑