*

ワインの醸造法

公開日: : 最終更新日:2014/05/28 お酒, ワイン

ワインの醸造法は非常に単純です。原理としてはブドウをつぶして果汁を発酵させると言うだけです。ブドウは果肉にブドウ糖や果糖が含まれており、果皮には天然酵母がついています。したがってブドウが潰れた時には果糖やブドウ糖によって天然酵母が発酵しアルコールを作り出すのです。昔は桶にブドウの果実をたくさん入れたものを、女性が足で踏み潰して作っていました。

ただし現在では天然酵母による発酵ではなく、酵母を純粋培養することによって単離された酵母を利用しています。

アルコール発酵によってアルコールが造られますが、ブドウの糖度の約半分のアルコール濃度となります(もしブドウの糖度が30度であればアルコール濃度は15%)。

また、赤ワインと白ワインがなぜ色が違うのかと言うと、赤ワインは皮ごと漬け込んで発酵させるのに対して、白ワインは皮を除いた果実のみを発酵させることに依ります。

ワインでヌーボーという単語を聞いたことがあると思いますが、これは「新酒」と言う意味で、若いワインと言うことになります。ヌーボーはあえて若いワインを飲みますが、通常はタンクあるいは樽で熟成します。通常白ワインは1~3年、赤ワインは2~5年で飲みごろを迎えます。熟成期間が長いものは当然希少であるため、高級ワインとして扱われます。


sponsored link

関連記事

f16fe9e532fccdff56230b26c1f3222d

世界的に有名な食後酒

・イエガーマイスター 世界中で売られている大変有名なハーブリキュールに、ドイツ産のイエガーマイ

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(1)

ビールのおつまみには何を食べますか?枝豆、から揚げ、餃子、スナック菓子・・・などなど、和食、中華、養

記事を読む

no image

BYOという飲み方

お酒の飲み方の一つにBYOと言うものがあります。これはBring Youe Ownの略であり、あなた

記事を読む

no image

芋焼酎に使われる麹

芋焼酎の銘柄を見ると、黒霧島、黒伊佐錦等と言う風に、黒と名のついたものが非常に多くあります。これは、

記事を読む

20080402114602_img1_19

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(2)

○発泡酒 次に発泡酒について解説します。筆者もキリンの淡麗をよく飲みますが、ビールは高いから発

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

bar_in_dt

バーで飲むこと~初心者編~

いつもお酒を飲むなら自宅か居酒屋という人が多いと思いますが、バーで飲むのもいいものです。行きつけのバ

記事を読む

sake26

日本酒の管理・保存(3)

日本酒の保存方法の目安となるものに、「火入れ」がなされているかどうかということがあります。火入れとい

記事を読む

no image

ビールをおいしく飲むコツ(1)

せっかくビールによって至福のひと時を過ごすならば、やはりできるだけおいしく飲みたいものです。そのため

記事を読む

no image

悪酔いの原因は?

悪酔いをしてしまう原因は、アセトアルデヒドという毒素によります。 アルコールを摂取すると、その

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑