*

ワイン生産が盛んな国

公開日: : 最終更新日:2014/05/28 お酒, ワイン

ワインの生産のためにはブドウが必要であるため、世界の中でもワイン生産が盛んな国と言うのはブドウの生産も盛んなものです。ブドウを栽培するためには、年間の平均気温は10~20℃であり、北緯30~50度、南緯20~40度となっています。この条件に沿う国は約60カ国があり、ここで年間2800万キロリットルものワインが生産されています。

有名な国ではフランス、イタリア、スペインを筆頭にアメリカ、アルゼンチン、オーストラリア、ドイツなどが主要生産国です。

中でもフランスは世界有数のワイン生産国であり、日本人に最もよく知られているのはフランスワインでしょう。生産量だけでなく質にも優れており、長い歴史を有しています。

白ワインが特においしいのはドイツでしょうか。ドイツは冷涼な気候でありますが、その環境を克服して作る白ワインは世界的に有名です。日本のワイン生産量は、世界で30位前後のランクとなっています。

ワインの味はブドウの質によって左右されるため、生産される国によって様々な特徴をもったワインが生まれます。そのため、自分の好みの味を持ったワインを探すのは、ワインの醍醐味の一つでもあります。また、人それぞれの味覚にマッチするワインは非常に多岐にわたるため、1000円くらいのワインでも自分に合うものがみつかることがあります。これもワインのよいところでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(1)

夏バテに効く梅酒は夏こそ飲みたいお酒です。ここでは、梅酒の楽しみを何倍にも広げる、梅酒カクテルの作り

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?1

ワインは醸造酒の中でも劣化が早いもので、開栓後は早めに飲みきらなければならないものです。しかし、ワイ

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(4)

6、酸度 これは、日本酒に含まれる酸の総量を示します。日本酒にはコハク酸、リンゴ酸、乳酸などの

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(1)

新年会や忘年会や新入社員の歓迎会などなど、飲み会シーズンになると二日酔いに悩まされる人は多いと思いま

記事を読む

no image

脳がアルコールを欲しがる?

人間の脳みそは動物の脳みそと大きく違う部分があります。これは大脳新皮質という部分が非常に発達している

記事を読む

no image

泡盛について(2)

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。 例えば、泡盛の歴史を語る

記事を読む

no image

アルコール依存症の恐怖

アルコール依存症は、昔は意志が弱い、だらしがない、道徳観が低いなどというマイナスイメージがつきまとっ

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(4)

酒吞童子は見慣れない奴らが来たとばかりに、お前たちは誰だといぶかしがるので、頼光たちは、自分たちはた

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(3)

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性

記事を読む

  • 2019年7月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑