*

ワイン生産が盛んな国

公開日: : 最終更新日:2014/05/28 お酒, ワイン

ワインの生産のためにはブドウが必要であるため、世界の中でもワイン生産が盛んな国と言うのはブドウの生産も盛んなものです。ブドウを栽培するためには、年間の平均気温は10~20℃であり、北緯30~50度、南緯20~40度となっています。この条件に沿う国は約60カ国があり、ここで年間2800万キロリットルものワインが生産されています。

有名な国ではフランス、イタリア、スペインを筆頭にアメリカ、アルゼンチン、オーストラリア、ドイツなどが主要生産国です。

中でもフランスは世界有数のワイン生産国であり、日本人に最もよく知られているのはフランスワインでしょう。生産量だけでなく質にも優れており、長い歴史を有しています。

白ワインが特においしいのはドイツでしょうか。ドイツは冷涼な気候でありますが、その環境を克服して作る白ワインは世界的に有名です。日本のワイン生産量は、世界で30位前後のランクとなっています。

ワインの味はブドウの質によって左右されるため、生産される国によって様々な特徴をもったワインが生まれます。そのため、自分の好みの味を持ったワインを探すのは、ワインの醍醐味の一つでもあります。また、人それぞれの味覚にマッチするワインは非常に多岐にわたるため、1000円くらいのワインでも自分に合うものがみつかることがあります。これもワインのよいところでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

タスト・ド・パンとは

ソムリエの格好を見ると、首から灰皿のような容器をぶら下げているのを見たことがあるかと思います。この容

記事を読む

no image

休日の昼から飲むならこのお酒

贅沢な休日の過ごし方の一つに、昼からお酒を飲むと言うものがあります。とくにいい天気の日にウッドデッキ

記事を読む

no image

お酒が何リットルも飲めるわけ

お酒は何リットルも飲めるものです。たとえばビールの500ml入りのものを6本飲めば3リットルですが、

記事を読む

img56535386

世界の強いお酒(4)リモンチェッロをつくろう

ここまでスピリタスの解説をしてきましたが、スピリタスを使った果実酒作りをしてみましょう。リモンチェッ

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

youmart_4904230028406

焼酎の甲類と乙類の違い(1)

焼酎には甲類と乙類というふうに分類されていることは知っているでしょうか。また、知っている人はどのよう

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

映画にちなんだカクテル

ゴッドファーザーと言う有名な映画がありますね。この映画をイメージして作られた「ゴッドファーザー」とい

記事を読む

no image

夏にお勧めな梅酒の飲み方

夏バテ解消のために、効果的な梅酒の飲み方を考えてみましょう。   梅酒ソーダ

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑