*

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 お酒, ワイン

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはなぜかと言うと、いくつかの理由があります。

まず、ヨーロッパの王侯貴族が飲むお酒で会ったと言うことです。シャンパンの黄金色、そして栓を抜いた時に「ポン」となることがとてもめでたく華やかとして好まれました。

つぎに、こちらの理由が大部分を占めるという歴史的な出来事があります。それは、1814年に開かれたウィーン会議でのことです。当時のオーストラリアの宰相は大変な美食家で、外交においても美食をもって外国の要人をもてなしていましたが、このウィーン会議の時にシャンパンでもてなしました。このときのシャンパンが大変おいしかったため、これを皮切りにして人をもてなすときにはシャンパンが用いられ始めました。

決定的になったのは1855年の万国博覧会であり、この時世界中の人々にシャンパンがふるまわれました。このことから、めでたい席や華やかな席におけるシャンパンの地位は確立されたのです。

ちなみに、シャンパンとスパークリングワインには明確な違いがあります。シャンパンとはフランスのシャンパーニュ地方で作られた発泡性ワインのみに用いることができる名前であり、ブランド名のようなものです。これ以外の地域で作られた発泡性ワインはすべてスパークリングワインと呼ばれます。


sponsored link

関連記事

Unknown-1

二日酔いの予防1

二日酔いの予防と聞くと、今日のお酒の量を少なくしたり、 本当は焼酎ロックでいきたいところを、焼酎水

記事を読む

no image

休日の昼から飲むならこのお酒

贅沢な休日の過ごし方の一つに、昼からお酒を飲むと言うものがあります。とくにいい天気の日にウッドデッキ

記事を読む

no image

世界の強いお酒(1)強いお酒の味わい

お酒を飲める人ならば、誰もが一度は強いお酒に挑戦してみるものです。何が強いのだろうかと考えてみると、

記事を読む

no image

焼酎の効用

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。 しか

記事を読む

20101002160919

ワインとグラス

ワイングラスには非常に様々な形があることは皆さんすでにご存じでしょう。では、なぜあれほど様々な形があ

記事を読む

no image

赤ワインの醸造法

赤ワインと白ワインでは醸造法が多少異なるため、別個に見てみましょう。赤ワインは果皮も一緒に漬けこむた

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(1)ヤシ酒

お酒の原料と言えば果物か穀物だけだと思っていませんか?確かになじみ深いビール、焼酎、日本酒、ウイスキ

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

no image

ビールは痛風の原因になる?2

さて、ではなぜビールが痛風の原因になると言われるのでしょうか。これは、ビールにプリン体が含まれている

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑