*

白ワインと赤ワインのグラスの違い

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 お酒, ワイン

パーティやレストランでワインを飲むときに気づくことがあります。それは、赤ワインと白ワインでは大きさが違うと言うことです。白ワイン用のグラスは、赤ワイン用のグラスに比べて小さく作られていますが、これはどうしてでしょうか。

このわけは、赤ワインの適温と白ワインの適温は違うことに由来しています。白ワインの適温は低く、辛口のものならば8~13度、甘口ならば5~8度が適温とされています。これに対して、赤ワインは常温がおいしいとされています。

レストランなどで、白ワインをボトルで注文したときには氷で冷やしながら提供されるのに対し、赤ワインは常温のままであることのこれに依ります。白ワインを大きなグラスで飲むと、飲みきる前にぬるくなってしまい、おいしく飲むことができません。したがって、白ワインを飲むときには、ぬるくなる前に飲みきれる小さめのグラスで飲むようになっているのです。

赤ワインのグラスが大きいことは、常温で飲んだほうがおいしいため、注ぐ量に気を使う必要がないと言うことのほかに、温度を気にして何度も注ぎなおす必要がないことから、大きめの作りになっているのです。

これからは、お酒そのものではなく、グラスにも気を使って飲んでみましょう。そうすることで、今まで以上においしく飲むことができるはずです。


sponsored link

関連記事

no image

千鳥足の語源

ひどく酔っぱらうとまっすぐ歩くことが困難になり、ふらふらしながら歩くことになります。このことを「千鳥

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(3)

○春の雪 緑鮮やかなカクテルであり、春になって雪が溶け、草木が芽吹いていく季節の到来をイメージ

記事を読む

NP5Zy3FxwzDu5E7Nahv4dwfi32OKaH5LaCLU9dDVo9gOe9JQYZKuqrRf_ZRiEDW0IHcRsvVC6mC0vaTEMPP6IqoSBiH7y3fu4UyzkWO8x25TGRvwEl0_6ZcmuugSmQ--

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編1)

私は大阪に住んでるんですが、良く行くオススメのバーや居酒屋を紹介していこうと思います。 本日第

記事を読む

0005004293I4_740x555y

日本酒ランキング

2015年もめでたくあけましたが、私個人的にですが正月になると日本酒を飲む機会が多くなります。

記事を読む

no image

インドはお酒の後進国

インドはお酒において、ほかの国より文化的に遅れています。これはインドにはヒンズー教が浸透していること

記事を読む

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

no image

オンザロックビールのすすめ(2)

では、オンザロックビールはどのようにして楽しむと良いのでしょうか。そのためには手順があります。

記事を読む

no image

梅酒の保存について

梅酒をおいしく保存するためにはいくつかのポイントがあります。   まず重要なの

記事を読む

no image

夏に飲みたい日本酒(1)

梅雨が明ければ夏本番です。夏と言えば冷えたビールを渇いたのどに流し込むというイメージが強いでしょうが

記事を読む

no image

その他のおすすめ黒糖焼酎

朝日 奄美大島の酒造である朝日酒造で作られている黒糖焼酎が「朝日」です。この名前はもちろん、朝

記事を読む

  • 2019年6月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑