*

白ワインと赤ワインのグラスの違い

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 お酒, ワイン

パーティやレストランでワインを飲むときに気づくことがあります。それは、赤ワインと白ワインでは大きさが違うと言うことです。白ワイン用のグラスは、赤ワイン用のグラスに比べて小さく作られていますが、これはどうしてでしょうか。

このわけは、赤ワインの適温と白ワインの適温は違うことに由来しています。白ワインの適温は低く、辛口のものならば8~13度、甘口ならば5~8度が適温とされています。これに対して、赤ワインは常温がおいしいとされています。

レストランなどで、白ワインをボトルで注文したときには氷で冷やしながら提供されるのに対し、赤ワインは常温のままであることのこれに依ります。白ワインを大きなグラスで飲むと、飲みきる前にぬるくなってしまい、おいしく飲むことができません。したがって、白ワインを飲むときには、ぬるくなる前に飲みきれる小さめのグラスで飲むようになっているのです。

赤ワインのグラスが大きいことは、常温で飲んだほうがおいしいため、注ぐ量に気を使う必要がないと言うことのほかに、温度を気にして何度も注ぎなおす必要がないことから、大きめの作りになっているのです。

これからは、お酒そのものではなく、グラスにも気を使って飲んでみましょう。そうすることで、今まで以上においしく飲むことができるはずです。


sponsored link

関連記事

no image

ビールの効用(2)

ビールの効用として、ストレス解消効果が挙げられます。ビールに限らず、アルコール全般にはストレス解消効

記事を読む

no image

日本人と酒 9

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲

記事を読む

images-7

ビールは古代から存在した

四月ももうすぐ終わりです。間もなく暑い夏がやってきます。暑い中で仕事をするのは大変なものですが、冷え

記事を読む

no image

泡盛について(1)

泡盛といえば沖縄のお酒です。沖縄のお酒と言うこと以外に知られていることと言えば焼酎の一種で、アルコー

記事を読む

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

no image

血糖値にもいい芋焼酎

糖質を含んだお酒は血糖値が上がる作用があるため、血糖値が高い人は飲むことはできません。しかし蒸留酒は

記事を読む

no image

ワイン生産が盛んな国

ワインの生産のためにはブドウが必要であるため、世界の中でもワイン生産が盛んな国と言うのはブドウの生産

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(2)

・すず音 人気のスパークリング日本酒であり、居酒屋でもよく見かけるようになりました。口の中で炭

記事を読む

1990724

ワインとグラス(2)

・まろやかで甘い白ワイン 次に白ワインですが、まろやかで甘味があり、フルーティな香りを持ってい

記事を読む

no image

ワインに使われるブドウの品種

ワインに使われるブドウの品種を知っておくと、ワイン選びのコツがわかります。ここでは、赤ワインと白ワイ

記事を読む

  • 2022年9月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑