*

酔っ払いと他の生き物

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見てみましょう。

一つはよくドラマのワンシーンなどでありますが、酔っぱらいが犬に向かって吠えられると言うものです。これは、酔っぱらいの吐く息が犬にとって非常に不快なものだからです。犬は人間の10万倍もの嗅覚をもっているとされます。同じ人間同士でさえ、酔っぱらいの吐く息を「酒臭い」などと言うのに、犬はその10万倍も酒臭さを感じているのです。もともと犬はアルコールの臭いが嫌いですから、酔っぱらいが近づくとひどく吠えることとなるのです。

 

もうひとつの例は蚊です。お酒を飲んでいる人は蚊の標的になりますがこれはどうしてでしょうか。

蚊は視覚がほとんどないため、人間の吐く二酸化炭素、もしくは皮膚の温度を頼りにして人間の皮膚を探し当て、血を吸っています。お酒を飲むとアルコールは肝臓で分解され、二酸化炭素と水に代謝されます。この二酸化炭素は呼吸の際に体外に排出されるため、蚊の標的になります。

また、アルコールを摂取すると体温が上昇するため、これも蚊に刺されやすくなる要因です。

蚊の活発な時期に屋外でお酒を飲むときには、蚊取り線香をたいておくようにしましょう。


sponsored link

関連記事

no image

お酒が何リットルも飲めるわけ

お酒は何リットルも飲めるものです。たとえばビールの500ml入りのものを6本飲めば3リットルですが、

記事を読む

no image

焼酎の甲類・乙類の違い(4)

なかには甲乙混和焼酎と言うものもあります。これは甲類と乙類を混ぜた焼酎であり、風味や味わいに乏しい甲

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(5)

発泡性のワインは炭酸ガスを内包しており、3気圧以上のガス圧をもっているものはスパークリングワインとさ

記事を読む

no image

新しい日本酒の飲み方・サケボム

海外の若者たちの間では日本酒の新しい飲み方として「サケボム」と言うものが流行りつつあります。起源は韓

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(1)

世界中で親しまれるワインですが、その歴史を知っていますか?これまでも少しずつ紹介してきましたが、今回

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(5)

頼光の豪快な飲みっぷりと食いっぷりに感心した酒吞童子は 「どうだ、おいしいだろう」 と言

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

泡盛について(1)

泡盛といえば沖縄のお酒です。沖縄のお酒と言うこと以外に知られていることと言えば焼酎の一種で、アルコー

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑