*

お酒が何リットルも飲めるわけ

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

お酒は何リットルも飲めるものです。たとえばビールの500ml入りのものを6本飲めば3リットルですが、お酒が弱いか強いかは別として、それほど苦労せず胃に入れることができます。しかし、水やお茶となるとわけが違います。水やお茶を3リットル飲むというのはなかなか辛いことですし、ビールに比べればその辛さは比ではありません。

なぜお酒ならば何リットルも飲めるのかと言えば、この秘密はアルコールにあります。たとえばビールの例で言うならば、ビールのアルコール度数は5%前後であり、アルコールは胃で吸収されると言う性質を持っています。胃でアルコールが吸収される時には水分も一緒に吸収されており、そのためたくさんの量を飲むことができるのです。つまり、ビールに限らずカクテルや水割りなども、水に比べてずっとたくさんの量を飲むことができます。

しかし、水やお茶といったアルコールを含まない飲料は胃で吸収されることはなく、腸に至って初めて吸収が始まります。そして腸に到達するまでには時間がかかるため、胃にたくさんの水やお茶を入れると非常に苦しく感じるし、たくさん飲むことができないのです。何リットルも飲もうとするとすぐに胃は一杯になり、それ以上は飲めなくなってしまいます。


sponsored link

関連記事

no image

ワインのカクテル(2)

・カリモーチョ これは赤ワインとコーラで作るすっきりおいしいカクテルです。コカコーラで作るのも

記事を読む

rento011

黒糖焼酎「れんと」

黒糖焼酎は奄美大島でしか作られませんが、なかでも有名なのは「れんと」ではないでしょうか。開運酒造とい

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

bar_in_dt

バーで飲むこと~初心者編~

いつもお酒を飲むなら自宅か居酒屋という人が多いと思いますが、バーで飲むのもいいものです。行きつけのバ

記事を読む

no image

酔っ払いと他の生き物

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見

記事を読む

no image

ジンの効用

筆者が大好きなお酒の一つジンにも、多くの効用があります。 なにせ、ジンというお酒はもともと薬と

記事を読む

Unknown

赤ワインの染み抜き

赤ワインを飲む際は、衣類にこぼしたりしないように注意を払って 飲まなければいけないと思います。

記事を読む

no image

日本人と酒 9

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲

記事を読む

no image

ワインボトルの形の違い

ワインを選ぶ時に気になったことがあるかもしれません。ワインボトルの形の違いです。それぞれの形には様々

記事を読む

no image

ビールにまつわる笑える間違い

今から、ビールの原料にまつわる話をしますが、その前に一つ考えていただきたいことがあります。あなたは「

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑