*

お酒が何リットルも飲めるわけ

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

お酒は何リットルも飲めるものです。たとえばビールの500ml入りのものを6本飲めば3リットルですが、お酒が弱いか強いかは別として、それほど苦労せず胃に入れることができます。しかし、水やお茶となるとわけが違います。水やお茶を3リットル飲むというのはなかなか辛いことですし、ビールに比べればその辛さは比ではありません。

なぜお酒ならば何リットルも飲めるのかと言えば、この秘密はアルコールにあります。たとえばビールの例で言うならば、ビールのアルコール度数は5%前後であり、アルコールは胃で吸収されると言う性質を持っています。胃でアルコールが吸収される時には水分も一緒に吸収されており、そのためたくさんの量を飲むことができるのです。つまり、ビールに限らずカクテルや水割りなども、水に比べてずっとたくさんの量を飲むことができます。

しかし、水やお茶といったアルコールを含まない飲料は胃で吸収されることはなく、腸に至って初めて吸収が始まります。そして腸に到達するまでには時間がかかるため、胃にたくさんの水やお茶を入れると非常に苦しく感じるし、たくさん飲むことができないのです。何リットルも飲もうとするとすぐに胃は一杯になり、それ以上は飲めなくなってしまいます。


sponsored link

関連記事

no image

ビールとワインが豊富なオーストラリア

オーストラリアで一番飲まれているお酒はビールです。種類が非常に多く、各州ごとに地ビールをもっており、

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

no image

悪酔いの原因は?

悪酔いをしてしまう原因は、アセトアルデヒドという毒素によります。 アルコールを摂取すると、その

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(3)

・いちご梅酒 イチゴ、梅酒、氷を等量ずつ入れてミキサーにかければ出来上がりです。イチゴ果汁たっ

記事を読む

no image

秋田県を代表する日本酒(1)

東北に位置する秋田県は日本有数の米どころであり、日本酒造りも盛んな土地です。秋田の日本酒にはおいしい

記事を読む

no image

お酒に関する資格(2)

・ビアテイスター ワインにはワインソムリエと言う資格がありますが、ビールにもソムリエの資格があ

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(1)ヤシ酒

お酒の原料と言えば果物か穀物だけだと思っていませんか?確かになじみ深いビール、焼酎、日本酒、ウイスキ

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(2)

では具体的に、適度に飲めばどんな効果があるのでしょうか。   ・死亡率が低くな

記事を読む

20101002160919

ワインとグラス

ワイングラスには非常に様々な形があることは皆さんすでにご存じでしょう。では、なぜあれほど様々な形があ

記事を読む

  • 2019年12月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑