*

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 お酒, 雑学

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習慣がありますが、多くの人がこれを単に「遅れた人が、賑わっている宴会の雰囲気に合わせられるように、三杯飲ませる」と思っていることでしょう。しかし、駆けつけ三杯にはきちんとしたルーツがあります。2つの説があります。

一つは、武士の儀式がルーツだとする説です。武士の宴会においては「式三献」という儀式を行いますが、これは宴会の始めに神様にささげものをしたのち、三杯の酒を飲むという儀式です。この儀式が終わってから初めて宴会が始まると言う決まりがあったため、遅れて参加した人も宴会に入る前に「式三献」の儀式をさせたのがルーツと言われています。

もうひとつの説は、貴族の罰則説です。平安時代に貴族が宴会を行う時には、徳利で杯に酒をついで回るというものでした。徳利が宴会の席を5回まわっても来ないことを「一遅」といい、7回まわってもこないこと「二遅」といい、10回まわっても来ないことを「三遅」といいました。そして三遅をして人には罰として三杯立て続けに飲ませたのだそうです。

これが現代に伝わり、駆けつけ三杯として残っているのです。


sponsored link

関連記事

NP5Zy3FxwzDu5E7Nahv4dwfi32OKaH5LaCLU9dDVo9gOe9JQYZKuqrRf_ZRiEDW0IHcRsvVC6mC0vaTEMPP6IqoSBiH7y3fu4UyzkWO8x25TGRvwEl0_6ZcmuugSmQ--

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編1)

私は大阪に住んでるんですが、良く行くオススメのバーや居酒屋を紹介していこうと思います。 本日第

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(5)

頼光の豪快な飲みっぷりと食いっぷりに感心した酒吞童子は 「どうだ、おいしいだろう」 と言

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

・のの 鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合い

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?1

ワインは醸造酒の中でも劣化が早いもので、開栓後は早めに飲みきらなければならないものです。しかし、ワイ

記事を読む

no image

インドはお酒の後進国

インドはお酒において、ほかの国より文化的に遅れています。これはインドにはヒンズー教が浸透していること

記事を読む

no image

寝酒でぐっすり寝られるか

不眠で悩んでいる人の中には、ぐっすりと眠るために、寝る前にお酒を飲んでから練ると言う人がいます。いわ

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(3)

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性

記事を読む

no image

日本人と酒 1

日本人にとって酒がどのようなものであったかは、日本最古の書物である古事記を見るとよくわかります。古事

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑