*

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

公開日: : 最終更新日:2014/05/25 お酒, 日本酒

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、なぜ冬に仕込を行うようになったのかと言うと、これは昔の人の生活の知恵なのです。

日本酒が冬に仕込まれるようになったのは江戸時代からです。徳川幕府の政策によってそのようになったのですが、これは米価を安定させるために行われた政策でした。

秋に収穫をした後であれば、その年の米の取れ高に応じて、どれくらいの米を酒造りに使うかということを決めることができます。このようにせず、米の取れ高とは無関係に酒造りをしてしまうと、凶作の年にはただでさえ米が少ないのに、その中から酒造りに米を回すという事態が起こります。そうなれば米価は急騰し、人々の生活は圧迫され、打ちこわしや一気などのリスクが高まってしまうのです。

江戸幕府がこの政策を敷いたことによって、酒造りは冬場に行われるようになり、さらには農閑期に農民が行う出稼ぎとして定着していくこととなりました。冬は降雪量が非常に多い東北地方で日本酒づくりが盛んなのは、稲作がさかんというのはもちろんのこと、出稼ぎとして定着していったことも無関係ではありません。


sponsored link

関連記事

no image

泡盛について(1)

泡盛といえば沖縄のお酒です。沖縄のお酒と言うこと以外に知られていることと言えば焼酎の一種で、アルコー

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(2)

では具体的に、適度に飲めばどんな効果があるのでしょうか。   ・死亡率が低くな

記事を読む

no image

日本人と酒 17

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬

記事を読む

sake26

日本酒の管理・保存(3)

日本酒の保存方法の目安となるものに、「火入れ」がなされているかどうかということがあります。火入れとい

記事を読む

no image

血糖値にもいい芋焼酎

糖質を含んだお酒は血糖値が上がる作用があるため、血糖値が高い人は飲むことはできません。しかし蒸留酒は

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

no image

芋焼酎に使われるサツマイモ

芋焼酎の原料は、ご存知の通りサツマイモです。しかし一般的にサツマイモと言えば、赤紫色の皮に包まれたも

記事を読む

clearumeshu

食事によく合う梅酒

梅酒はお酒の中でも甘くて飲みやすく、女性にも人気のお酒です。しかし、その甘さゆえに料理の味を邪魔する

記事を読む

no image

ロゼ・ワインの醸造法

ロゼ・ワインは白ワインと赤ワインの中間的なワインであり、色は“ロゼ”の名の通りバラのようなピンク色を

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑