*

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

公開日: : 最終更新日:2014/05/25 お酒, 日本酒

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、なぜ冬に仕込を行うようになったのかと言うと、これは昔の人の生活の知恵なのです。

日本酒が冬に仕込まれるようになったのは江戸時代からです。徳川幕府の政策によってそのようになったのですが、これは米価を安定させるために行われた政策でした。

秋に収穫をした後であれば、その年の米の取れ高に応じて、どれくらいの米を酒造りに使うかということを決めることができます。このようにせず、米の取れ高とは無関係に酒造りをしてしまうと、凶作の年にはただでさえ米が少ないのに、その中から酒造りに米を回すという事態が起こります。そうなれば米価は急騰し、人々の生活は圧迫され、打ちこわしや一気などのリスクが高まってしまうのです。

江戸幕府がこの政策を敷いたことによって、酒造りは冬場に行われるようになり、さらには農閑期に農民が行う出稼ぎとして定着していくこととなりました。冬は降雪量が非常に多い東北地方で日本酒づくりが盛んなのは、稲作がさかんというのはもちろんのこと、出稼ぎとして定着していったことも無関係ではありません。


sponsored link

関連記事

no image

オンザロックビールのすすめ(1)

さぁ、ビールが美味しい季節になりましたね。休日はビアガーデンでビールを飲むという人も多いと思いますが

記事を読む

no image

ビールのお供にザワークラウトを

ザワークラウトはドイツの国民食とも言うべきもので、ドイツ料理に頻繁に登場するキャベツの漬けものなので

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(3)

女は、酒吞童子の恐ろしさをかたりました。酒吞童子は女をさらうと斬り裂き、生き血を飲んだり、食べたりし

記事を読む

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(6)

酒吞童子は頼光たちが吃驚していることも知らずに話を続けます。 「わしも本当は都に住みたいと思っ

記事を読む

20091011_787595

梅酒を一週間で作る方法

先日梅雨があけましたが、この時期になると梅の実が売られ始めます。この梅を使って梅酒を作る人も多いこと

記事を読む

no image

お燗のポイント

お燗をするとき、熱燗にするつもりがぬる燗になってしまった、またはぬる燗にするつもりが熱燗になってしま

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

no image

ビールの効用(1)

酒は百薬の長と言われますが、ビールも例外ではありません。適度に飲むビールは様々な効果をもたらしてくれ

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑