*

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

公開日: : 最終更新日:2014/05/25 お酒, 日本酒

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、なぜ冬に仕込を行うようになったのかと言うと、これは昔の人の生活の知恵なのです。

日本酒が冬に仕込まれるようになったのは江戸時代からです。徳川幕府の政策によってそのようになったのですが、これは米価を安定させるために行われた政策でした。

秋に収穫をした後であれば、その年の米の取れ高に応じて、どれくらいの米を酒造りに使うかということを決めることができます。このようにせず、米の取れ高とは無関係に酒造りをしてしまうと、凶作の年にはただでさえ米が少ないのに、その中から酒造りに米を回すという事態が起こります。そうなれば米価は急騰し、人々の生活は圧迫され、打ちこわしや一気などのリスクが高まってしまうのです。

江戸幕府がこの政策を敷いたことによって、酒造りは冬場に行われるようになり、さらには農閑期に農民が行う出稼ぎとして定着していくこととなりました。冬は降雪量が非常に多い東北地方で日本酒づくりが盛んなのは、稲作がさかんというのはもちろんのこと、出稼ぎとして定着していったことも無関係ではありません。


sponsored link

関連記事

no image

黒ビールってなんだろう?(1)

黒ビールとは日本人にとってはそれほど馴染みが深くないお酒で、黒ビールを好んで飲むという人はそう多くは

記事を読む

no image

ビールをおいしく飲むコツ(1)

せっかくビールによって至福のひと時を過ごすならば、やはりできるだけおいしく飲みたいものです。そのため

記事を読む

no image

アメリカはビールが大人気!

アメリカで最も人気のあるお酒はビールです。特にアメリカの主要都市であるロサンゼルスは一年中温暖な気候

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(2)

さて、酒吞童子退治に向かった一向が出発して間もなく、一行の前に小屋が現れました。小屋には3人のお爺さ

記事を読む

no image

発酵って何?(2)

では酸素がある状態ではどうなるのでしょうか。酵母は、なにもわざわざ好き好んで無酸素状態でアルコール発

記事を読む

NP5Zy3FxwzDu5E7Nahv4dwfi32OKaH5LaCLU9dDVo9gOe9JQYZKuqrRf_ZRiEDW0IHcRsvVC6mC0vaTEMPP6IqoSBiH7y3fu4UyzkWO8x25TGRvwEl0_6ZcmuugSmQ--

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編1)

私は大阪に住んでるんですが、良く行くオススメのバーや居酒屋を紹介していこうと思います。 本日第

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

no image

古くなったビールを活用する

ビールは保存条件によって賞味期限が大幅に変動するため、賞味期限が明記されていません。しかし、国内のメ

記事を読む

no image

ビアカクテル(1)

ビールがおいしい季節になりましたが、ビールはそのまま飲むだけでなく、カクテルの材料としてビアカクテル

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

  • 2022年5月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑