*

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

公開日: : 最終更新日:2014/05/25 お酒, 日本酒

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、なぜ冬に仕込を行うようになったのかと言うと、これは昔の人の生活の知恵なのです。

日本酒が冬に仕込まれるようになったのは江戸時代からです。徳川幕府の政策によってそのようになったのですが、これは米価を安定させるために行われた政策でした。

秋に収穫をした後であれば、その年の米の取れ高に応じて、どれくらいの米を酒造りに使うかということを決めることができます。このようにせず、米の取れ高とは無関係に酒造りをしてしまうと、凶作の年にはただでさえ米が少ないのに、その中から酒造りに米を回すという事態が起こります。そうなれば米価は急騰し、人々の生活は圧迫され、打ちこわしや一気などのリスクが高まってしまうのです。

江戸幕府がこの政策を敷いたことによって、酒造りは冬場に行われるようになり、さらには農閑期に農民が行う出稼ぎとして定着していくこととなりました。冬は降雪量が非常に多い東北地方で日本酒づくりが盛んなのは、稲作がさかんというのはもちろんのこと、出稼ぎとして定着していったことも無関係ではありません。


sponsored link

関連記事

no image

お酒に関する資格(2)

・ビアテイスター ワインにはワインソムリエと言う資格がありますが、ビールにもソムリエの資格があ

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

20080402114602_img1_19

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(2)

○発泡酒 次に発泡酒について解説します。筆者もキリンの淡麗をよく飲みますが、ビールは高いから発

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(6)

ワインはぶどうの品種、作られる土壌、栽培方法、気候,収穫時期,製造法,貯蔵法などによって様々な味わい

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

・のの 鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合い

記事を読む

no image

スパークリングワインの醸造法

ワインの一種に炭酸入りのワイン、すなわちスパークリングワインがあります。これを作るためには、製造され

記事を読む

img_0

升酒の豆知識

現代でも升酒を見かける場面と言えば、居酒屋などで日本酒を頼むと、升の中にグラスを起き、あふれるように

記事を読む

c4e9fe02

実はコルクは凄かった(1)

自分の飲んだワインの記念にコルクを収集する人もいますが、実はこのコルクは非常に時間をかけて作られてい

記事を読む

no image

カサーシャが醸すブラジルの陽気な雰囲気

ブラジルの人々はお酒が大好きです。それはブラジルのビール消費量が世界第5位にランクインしていることか

記事を読む

  • 2020年4月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑