*

甘酒はなぜ甘いか

公開日: : 最終更新日:2014/05/24 お酒, 日本酒

甘酒はとても甘いお酒です。最近の甘酒にはアルコールがなく砂糖を加えて作っているものもありますが、本来の甘酒は麦芽糖によって甘く出来上がっています。

甘酒を作るときには、蒸したもち米に麹を加えて、50~60度の温度下で10時間以上寝かせて作ります。麹菌はアミラーゼを出すため、もち米のでんぷんを分解します。でんぷんが分解されると糖分へと変化し、あの甘い味になるのです。

麦芽糖が甘味の元だと言いましたが、麦芽糖は時間がたつとブドウ糖へと変化します。しかしこの甘さのために、長期保存には適していません。甘酒の製造過程で混入した乳酸菌や酵母菌はブドウ糖を栄養分として繁殖するため、甘酒は時間とともに乳酸が含まれるようになっていきます。そのため、甘酒は次第に酸っぱくなっていき、長期保存をすることができないのです。

また、現代では甘酒は冬の飲み物として好まれます。元旦に神社に初もうでに行くと、甘酒をふるまってくれる神社も少なくありません。また、甘酒と日本酒を5:5の割合で混ぜて飲むと、日本酒の血管拡張効果と相俟って非常にぽかぽかと温かくなるため、冬の寒さしのぎには重宝します。

しかし本来、甘酒は夏場の飲み物でした。甘酒には夏バテ防止効果があるため、夏の飲み物だったのです。


sponsored link

関連記事

no image

フランス流飲みすぎ対策

ワインの年間消費量が世界ダントツ1位のフランスの人たちは、どのようにして飲みすぎ対策をしているのでし

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(2)

・メキシコ・・・ヒカマ ヒカマとは、マメ科の野菜で、クズイモとも言います。メキシコの人々は、こ

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

images-3

そもそもビールとは何か

ビールってなんだろう、と深く考える機会はおそらくあまりないと思います。麦酒と書く通りに麦を使ったお酒

記事を読む

no image

日本人と酒 2

さて、ヤマタノオロチとはどのような怪物であったのか。古事記にはこのように書かれています。 &n

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

no image

世界で年間1.5億キロリットル飲まれるビール

最も多く飲むお酒はビールだという人は少なくないのではないでしょうか。では、実際にはビールは全世界でど

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑