*

甘酒はなぜ甘いか

公開日: : 最終更新日:2014/05/24 お酒, 日本酒

甘酒はとても甘いお酒です。最近の甘酒にはアルコールがなく砂糖を加えて作っているものもありますが、本来の甘酒は麦芽糖によって甘く出来上がっています。

甘酒を作るときには、蒸したもち米に麹を加えて、50~60度の温度下で10時間以上寝かせて作ります。麹菌はアミラーゼを出すため、もち米のでんぷんを分解します。でんぷんが分解されると糖分へと変化し、あの甘い味になるのです。

麦芽糖が甘味の元だと言いましたが、麦芽糖は時間がたつとブドウ糖へと変化します。しかしこの甘さのために、長期保存には適していません。甘酒の製造過程で混入した乳酸菌や酵母菌はブドウ糖を栄養分として繁殖するため、甘酒は時間とともに乳酸が含まれるようになっていきます。そのため、甘酒は次第に酸っぱくなっていき、長期保存をすることができないのです。

また、現代では甘酒は冬の飲み物として好まれます。元旦に神社に初もうでに行くと、甘酒をふるまってくれる神社も少なくありません。また、甘酒と日本酒を5:5の割合で混ぜて飲むと、日本酒の血管拡張効果と相俟って非常にぽかぽかと温かくなるため、冬の寒さしのぎには重宝します。

しかし本来、甘酒は夏場の飲み物でした。甘酒には夏バテ防止効果があるため、夏の飲み物だったのです。


sponsored link

関連記事

no image

お酒の妖怪・のた坊主(2)

のた坊主は縛りあげられ、涙を流して謝り、許しを乞いました。しかし酒蔵の人々は決して許そうとはせず、ど

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(2)

・汗をかこう 汗をかくと言う方法は有効な方法です。汗をかくと体の代謝が高まるため、二日酔いの原

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

clearumeshu

食事によく合う梅酒

梅酒はお酒の中でも甘くて飲みやすく、女性にも人気のお酒です。しかし、その甘さゆえに料理の味を邪魔する

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(5)

発泡性のワインは炭酸ガスを内包しており、3気圧以上のガス圧をもっているものはスパークリングワインとさ

記事を読む

aeygt

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(3)

○第3のビール 第3のビールは、新ジャンルという呼び方でも呼ばれます。これは麦芽の使用率が25

記事を読む

no image

日本人と酒 15

このように、日本では独酌というものが行われるようになったのはごく最近のことなのです。もっとも、大きな

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑