*

甘酒はなぜ甘いか

公開日: : 最終更新日:2014/05/24 お酒, 日本酒

甘酒はとても甘いお酒です。最近の甘酒にはアルコールがなく砂糖を加えて作っているものもありますが、本来の甘酒は麦芽糖によって甘く出来上がっています。

甘酒を作るときには、蒸したもち米に麹を加えて、50~60度の温度下で10時間以上寝かせて作ります。麹菌はアミラーゼを出すため、もち米のでんぷんを分解します。でんぷんが分解されると糖分へと変化し、あの甘い味になるのです。

麦芽糖が甘味の元だと言いましたが、麦芽糖は時間がたつとブドウ糖へと変化します。しかしこの甘さのために、長期保存には適していません。甘酒の製造過程で混入した乳酸菌や酵母菌はブドウ糖を栄養分として繁殖するため、甘酒は時間とともに乳酸が含まれるようになっていきます。そのため、甘酒は次第に酸っぱくなっていき、長期保存をすることができないのです。

また、現代では甘酒は冬の飲み物として好まれます。元旦に神社に初もうでに行くと、甘酒をふるまってくれる神社も少なくありません。また、甘酒と日本酒を5:5の割合で混ぜて飲むと、日本酒の血管拡張効果と相俟って非常にぽかぽかと温かくなるため、冬の寒さしのぎには重宝します。

しかし本来、甘酒は夏場の飲み物でした。甘酒には夏バテ防止効果があるため、夏の飲み物だったのです。


sponsored link

関連記事

no image

ウォッカを知ろう(1)

ウォッカと言うのはロシアのお酒です。多くの人はウォッカに対して、無色透明で非常にきついお酒という印象

記事を読む

no image

二日酔いの予防法

二日酔いになった時の対策を紹介してきましたが、最も良いのは二日酔いにならないことであり、予防法を知る

記事を読む

no image

ギネスビールを自宅でおいしく飲む方法

自宅でおいしくギネスビールを飲むためには、5つのステップがあります。   1、

記事を読む

no image

白ワインの効用

  白ワインは赤ワインとは違う意味において色々な健康効果を持っています。 &n

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(4)

日本酒に限った事ではありませんが、やはり開封後は低温で保存し、早めに飲みきることが大切です。栓を開け

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(3)

・台湾・・・五香黒胡椒毛豆 台湾と言えば立ち並ぶ屋台が印象的です。台湾のビールはアルコール度数

記事を読む

no image

食前酒・食中酒・食後酒

食前酒、食中酒、食後酒を知っているものの、効能や選び方は知らない人が多いものです、ここでは、効能と選

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(3)

・いちご梅酒 イチゴ、梅酒、氷を等量ずつ入れてミキサーにかければ出来上がりです。イチゴ果汁たっ

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(1)

前回に引き続き、今回は日本酒を使ったカクテルに焦点をあててみていくようにします。レシピも書いていきま

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(3)

○ロングアイランド・アイスティー アメリカニューヨーク、ロングアイランドで作られたカクテルです

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑