*

タスト・ド・パンとは

公開日: : 最終更新日:2014/05/22 お酒, ワイン

ソムリエの格好を見ると、首から灰皿のような容器をぶら下げているのを見たことがあるかと思います。この容器は「ダスト・ド・パン」といい、今でこそソムリエの装飾品のような扱いとなっていますが、元はフランスのブルゴーニュ地方の酒蔵で利き酒のために用いられていた容器なのです。写真によってはタスト・ド・パンをぶら下げていないソムリエも見受けられますが、これをぶら下げた姿こそが正装となります。

よくみると、この容器には凹凸があります。これはなぜかと言うと、ワインをこのくぼみに注いで光を当てると、ワインの状態がよくわかるからです。まだ照明器具が発達していなかった頃には、薄暗い酒蔵のなかでワインの状態を知るために、ろうそくの火を頼りにしてチェックする必要がありました。そんなとき、タスト・ド・パンが実に役立ったのです。

現代では照明が進歩したため、タスト・ド・パンが用いられることはなくなり、ソムリエの証、飾りとして首から下げるものとなりました。現代でワインの状態をチェックするときには、ワインをグラスに注いでチェックしています。

 


sponsored link

関連記事

3643-03

世界の強いお酒(6)エバークリア

世界で一番強いお酒はスピリタスです。アルコール度数は96%にもなるのですから、ぶっちぎりのナンバーワ

記事を読む

no image

ギネスビールの魅力

厳しい暑さが続く今日この頃、ビールがおいしい季節となりました。ビールといえば国内産のビールを飲むと言

記事を読む

images

日本のビール(アサヒ編)

日本にも沢山のビールがあります。 その中でも私が特に好きなアサヒビール(スーパードライのアサヒさん

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(3)

○春の雪 緑鮮やかなカクテルであり、春になって雪が溶け、草木が芽吹いていく季節の到来をイメージ

記事を読む

no image

いい焼酎の見極め方

日本人になじみの深い酒と言えば、日本酒と供に焼酎が挙げられます。焼酎と言えば麦、芋、米、黒糖、蕎麦な

記事を読む

no image

北海道の日本酒(2)

・国士無双 高砂酒造の代表銘柄です。中国の古典である史記から名づけられており、名前から受けるイ

記事を読む

no image

缶ビールのおいしい飲み方(2)

次に冷やし方です。おいしく飲むためにやっているはずの冷やし方が実は間違っていて、味を損なっているかも

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(1)ヤシ酒

お酒の原料と言えば果物か穀物だけだと思っていませんか?確かになじみ深いビール、焼酎、日本酒、ウイスキ

記事を読む

kasisu

女性に人気のフルールビール(2)

○ブーン・クリーク これはサクランボを漬け込んで作られたフルーツビールです。さわやかな酸味と上

記事を読む

no image

焼酎の甲類・乙類の違い(4)

なかには甲乙混和焼酎と言うものもあります。これは甲類と乙類を混ぜた焼酎であり、風味や味わいに乏しい甲

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑